【動画付き】ピアノでできるコードの押さえ方&初心者向け練習方法

こんにちは!速水ひかりです。

「ピアノの楽譜って難しくて読めない!」

「簡単でもいいから、初見でササっと弾けるようになりたい!」

そんな風に思っているあなたに、おすすめの演奏法があります。

今回は手軽で便利な演奏法、「コード弾き」についてお話ししていきます。

※あなたがギター経験者で、コードについて何となく知っているという場合は、こちらの記事をご覧ください。

↓ ↓ ↓

ギター経験者がコードでピアノを弾く方法

ピアノの「コード」って何?

コードとは、和音(複数の鍵盤を同時に押して出る音)の名前のことです。

例えばこの和音。

音符を読むと「ドミソ」ですが、コードでは「C」と表します。

こんな風に、全ての和音にはアルファベットで名前が付いているのです。

初心者さんがピアノをコードで弾くメリット

自分の弾く音を「A、B、C」などといったアルファベットで表示するため、音符をひとつひとつ楽譜で書き表す必要がなくなります。

つまり、コードさえ覚えてしまえば、楽譜を読めなくてもピアノが弾けてしまうのです!

楽譜の読み方を学ばなくても、その場でサッと弾くことができるので、即興もできるようになっちゃうかも?

コード弾きはこんな人におすすめ

・歌や他の楽器を人に任せて、自分は伴奏に専念したい

・弾き語りをやってみたい

・バンドやセッションなど、その場ですぐに合わせられるようになりたい

初心者さんがピアノをコードで弾くデメリット

コード弾きの最大のデメリット、それはメロディーが演奏できないことです。

コードを見て和音を押さえるだけでは、曲が成り立たないのです。

カラオケで歌わずに、伴奏だけ流れているような感覚でしょうか・・・。

メロディーを弾くには、音符をひとつひとつ書き表してある楽譜が必要です。

コード弾きはこんな人にはおすすめしない

右手でメロディーを、左手で伴奏を弾く「ピアノソロ」に挑戦したいのであれば、コード弾きよりも楽譜の読み方を学んだ方がいいでしょう。

ピアノ初心者さん向けコードの押さえ方

コードの仕組みとメリットを学んだところで、さっそく押さえ方を紹介しますね。

手順その①コードを覚える

まずは、どのコードが何の和音を表しているのかを覚えます。

今回は、ごく基本的なものだけ紹介していきますね。

「A」のコード

「ラ」を基準にした和音「ラド#ミ」が、Aのコードです。

「B」のコード

「シ」を基準にした和音「シレ#ファ#」が、Bのコードです。

「C」のコード

「ド」を基準にした和音「ドミソ」が、Cのコードです。

「D」のコード

「レ」を基準にした和音「レファ#ラ」が、Dのコードです。

「E」のコード

「ミ」を基準にした和音「ミソ#シ」が、Eのコードです。

「F」のコード

「ファ」を基準にした和音「ファラド」が、Fのコードです。

「G」のコード

「ソ」を基準にした和音「ソシレ」が、Gのコードです。

ピアノコードの覚え方コツ

AからGの押さえ方を知ったところで、順番に弾いてみましょう。

上で紹介したAからGのコードを楽譜に書き表すと、こんな風になります。

A→B→C・・・と、アルファベットが進んでいくと同時に、ちょっとずつ音が高くなっていってるのがわかりますね。

楽譜を読めるようになる必要はありませんが、「Aの隣はB、Bの隣はC・・・」と覚えるとわかりやすいです。

ゆっくりでいいので、下の動画を見ながらAからGまでを弾いてみましょう!

手順その②コードを見て鍵盤を押す練習をする

一通りコードを覚えたら、コードをパッと見ただけで何の音かわかるようにしましょう。

これができるようになるには、とにかく練習あるのみです!

さっそく練習してみましょう。

クイズ!このコードは何の音?

今から出題するコードを、鍵盤で押さえてみましょう。

第1問!次のコードを順番に弾くとどうなる?

A→C→B

・・・

・・・

・・・

タイムアップ!

正解の動画を見てみましょう。

正しく弾けていましたか?

第2問!次のコードを順番に弾くとどうなる?

B→F→G→E→A

・・・

・・・

・・・

タイムアップ!

正解の動画を見てみましょう。


正しく弾けていましたか?

こんな風に、自分にクイズを出しながら練習すると、いつの間にか弾けるようになっているはずです。

手順その③コード譜を見ながら、曲に合わせて押さえる

曲に合わせてコードがふってある楽譜のことを、「コード譜」といいます。

好きな曲のコード譜を探して、曲に合わせてコードを押さえてみましょう。

こちらは、私がよく使っている無料のコード譜サイト、「楽器.me」です。

引用:http://gakufu.gakki.me/

ヒット曲のコード譜が4万曲以上用意されているので、お気に入りの曲がきっと見つかるはず!

>>>「楽器.me」公式サイトはこちら!

手順その④コードに合わせて歌ったり、リズムを付けてみる

コードを押さえるだけの練習に物足りなくなってきたら、ピアノに合わせて歌ってみるのがおすすめです!

いわゆる「弾き語り」の第一歩ですね!

ちょっとテンポを速めてみたり、鍵盤を1つずつバラバラに弾いてみても、変化が楽しめて面白いですよ♪

おわりに

コードは覚えるのが大変ですが、パッと見て弾けるようになるととっても便利です!

突然バンドでピアノを弾くことになったり、歌うから伴奏弾いてよ~と言われたときも、とりあえずコードを押さえておけば何とかなります(笑)

さらに簡単な楽譜が読めるようになれば、右手ではメロディー、左手でコードを弾いて素敵なピアノソロが演奏できます。

今回紹介したのは基本のコードのみで、コードにはまだまだ種類がたくさんあります。

まずは基本のものから覚えて、コードマスターを目指して頑張りましょう!

簡単な楽譜の読み方は、こちらの記事で紹介しています。

ぜひ読んでみてくださいね。

>>>楽譜の読み方~超初歩編~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です