ギター経験者におすすめ!楽譜を読まずにコードでピアノを弾く方法【動画つき】

こんにちは!速水ひかりです。

最近、ギターの弦を押さえるのがしんどくなってきた・・・

指が動かず、思うようにギターが弾けない・・・

ギターの経験を活かして、他の楽器にチャレンジしてみたい

そんなお悩みや願望があるあなた!

ピアノを始めてみませんか?

ピアノにも、ギターと同じ要領で演奏できる「コード奏法」があります。

ギター経験者だけどピアノの楽譜は読めない、というあなたにピッタリの演奏法なので、ぜひ試していただきたいです。

今回は、「コードを使ってピアノを演奏する方法」について解説していきます!

※ギターを途中で挫折して、「コード」がどんなものかわからない!という場合は、こちらの記事を参考にしてください。

↓ ↓ ↓

>>>コードとは何か?仕組みと演奏法を解説!

コードでピアノを弾く方法

それではさっそく、コードを使ったピアノの弾き方を解説していきます!

手順1.音の名前と鍵盤の場所を一致させる

コードでピアノを演奏する場合、楽譜を読む必要はありませんが、「ドレミファソラシド」の鍵盤の位置は、知っておくと便利です。

まずは「ド」の位置を覚えて、そこから「レ・ミ・ファ・ソ・・・」と上がっていきましょう!

画像左の、赤く塗られているのが、「ド」の鍵盤です。

「黒い鍵盤が2つ並んでいるところの左隣」という風に覚えましょう。

白い鍵盤を右に読んでいくと、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・・・・」と、音が上がっていきます。

逆に、左にいくと「ド・シ・ラ・ソ・・・」と、音が下がっていきます。

白い鍵盤の間にある黒い鍵盤は、シャープ(#)の音です。

「ド」と「レ」の間にある黒い鍵盤は「ドのシャープ(ド#)」という音です。

この鍵盤を押してみると、ドとレのちょうど中間の音が鳴ります。

ドの右隣にあるのが「ドのシャープ」、レの右隣にあるのが「レのシャープ」・・・という風に覚えてください。

※イマイチよくわからない・・・という場合は、こちらの記事が動画付きでわかりやすいです。

よかったら参考にしてくださいね。

↓ ↓ ↓

>>>ピアノの音の名前と、鍵盤の位置について

手順2.コードと押さえる鍵盤の場所を一致させる

ギターの場合、コードに合わせた弦の押さえ方がありますよね。

ピアノの場合も同様に、コードに合わせた鍵盤の押さえ方があります。

コードを押さえるのに最低限必要なのは、右手の指3本です。

動かない指

右手の指を4~5本使ったり、左手を使うと、より深みのある音が出ますが、まずは3つの鍵盤を覚えましょう!

コード「A~G」の鍵盤の押さえ方

実際にピアノの前に座って、鍵盤を押さえてみましょう。

入門編ということで、A~Gの7つのコードをご紹介します。

画像を見て鍵盤の位置を確認し、動画を見ながら一緒に押さえてみてください!

「A」のコード

「ラ」を基準にした「ラド#ミ」が、Aのコードです。

動画を見て、 実際に弾いてみましょう!
↓ ↓ ↓

「B」のコード

「シ」を基準にした「シレ#ファ#」が、Bのコードです。

動画を見て、 実際に弾いてみましょう!
↓ ↓ ↓

「C」のコード

「ド」を基準にした「ドミソ」が、Cのコードです。

動画を見て、 実際に弾いてみましょう!
↓ ↓ ↓

「D」のコード

「レ」を基準にした「レファ#ラ」が、Dのコードです。

動画を見て、 実際に弾いてみましょう!
↓ ↓ ↓

「E」のコード

「ミ」を基準にした「ミソ#シ」が、Eのコードです。

動画を見て、 実際に弾いてみましょう!
↓ ↓ ↓

「F」のコード

「ファ」を基準にした「ファラド」が、Fのコードです。

動画を見て、 実際に弾いてみましょう!
↓ ↓ ↓

「G」のコード

「ソ」を基準にした和音「ソシレ」が、Gのコードです。

動画を見て、 実際に弾いてみましょう!
↓ ↓ ↓

すべてのコードを押さえられましたか?

押さえ方を覚えるまでは、「え~と・・・Aはラ・ド#・ミだから~・・・」と、時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、練習していくうちに、コードをパッと見ただけで弾けるようになります。

これはギターと一緒ですね!

手順3.覚えたコードを順番に弾いてみる

せっかく覚えたので、AからGまでのコードを続けて弾いてみましょう!

「A、B、C・・・」と、口に出しながら弾くと、覚えやすくなります。

はじめはゆっくり、慣れてきたら徐々に速めていきましょう。

手順4.自分の好きな曲に合わせて弾く

あなたがギターのコード譜を持っていれば、それに合わせてピアノを弾いてみましょう。

もしコード譜をもっていなければ、こちらのサイトで好きな曲のコードを知ることができます。

↓ ↓ ↓

引用:http://gakufu.gakki.me/

私がよく使っている無料のコード譜サイト、「楽器.me」です。

ヒット曲のコード譜が4万曲以上用意されているので、お気に入りの曲がきっと見つかるはず!

>>>「楽器.me」公式サイトはこちら!

コードでピアノを弾くメリット

ギター経験者がコードでピアノを弾くと、こんなメリットがあります。

・弾き語りや伴奏が手軽にできる

・楽譜が読めなくても弾ける

・今までのギターの経験が活かせる

今までの経験を活かして、楽譜を読まずにお手軽に始められるのが魅力ですね!

コードでピアノを弾くデメリット

メリットがある一方で、こんなデメリットもあります。

・工夫しないと演奏が単調になりやすい

・メロディーライン(主旋律)を弾けない

曲のメロディーを弾くには、音符をひとつひとつ書き表してある楽譜が必要です。

コードは、弾き語りや歌の伴奏にはとても便利ですが、右手でメロディーを、左手で伴奏を弾く「ピアノソロ」には向いていません。

ギターでも、コードを弾いているだけでは伴奏にしかなりませんよね。
それと一緒です。

あなたが「ピアノソロ」に挑戦したいのであれば、コードよりも楽譜の読み方を学んだ方がいいでしょう。

おわりに

ここまで色々お話ししてきましたが、実は私、中学生のときに「Fのコード」でギターを挫折しております・・・(笑)

なので、ギターを弾ける人を尊敬しています!すごい!

「ギターが弾ける」という素晴らしい特技を持っているあなたに、その経験を活かしてピアノを楽しんでいただければと思い、この記事を書きました。

馴染みが深いコード弾きなら、ピアノの上達も早いと思います!

今回は入門編ということで、基本的なコードだけご紹介しました。

基本のコードが弾けるようになったら、マイナーコードやセブンスなどにも挑戦してみてくださいね!

こちらの記事もおすすめです。

↓ ↓ ↓

>>>大人になってからでも始められる!ピアノの魅力とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です