ピアノのタッチとは?初心者さん向け解説と練習法

こんにちは!速水ひかりです。

ピアノについて勉強していると、こんな言葉をよく耳にします。

「タッチが良くなるように練習しなくちゃ!」
「このピアノはタッチが悪い」

タッチが良い悪い・・・

そもそもタッチって何?と思いませんか?

今回は、ピアノのタッチとは何か、ゆる~く解説するとともに、タッチをコントロールする練習法を紹介します。

ピアノのタッチとは?

ピアノのタッチとは、鍵盤を指で叩くことを意味します。

他にも、「鍵盤の叩き方」や「鍵盤を指で叩いたときの弾き心地」を表すときに使ったりします。

つまり、「タッチが良い」と言っただけでは、以下のように2通りの意味でとらえられます。

  • 叩き方が上手な人の演奏のこと
  • 弾き心地が良いピアノのこと

うーん、結構あいまいですよね(笑)

今回では、「鍵盤の叩き方」という意味でのピアノのタッチについてお話しします。

「良いピアノのタッチ」とは?

「ピアノのタッチ」=「鍵盤の叩き方」

なのであれば、

「良いピアノのタッチ」=「鍵盤の叩き方が上手」

ということになりますよね。

 

「鍵盤の叩き方が上手」な人の特徴には、以下のようなものがあります。

  1. 余計な力が入っていない
  2. 叩くリズムや強さにムラがない
  3. 弱くて繊細な音、力強い音がコントロールできる

それぞれの特徴と練習法を、この先でひとつひとつ説明していきます。

上手なピアノタッチの特徴と練習法

①余計な力が入っていない

ピアノの基本は「脱力」です。

身体に余計な力が入っていると、演奏が固くなり、流れるような音を奏でることができません。

肩や腕で弾かないよう注意するのが、脱力のポイントです。

ちなみに私は曲が盛り上がってくると、肩に力が入ってしまうので、「脱力」の修行中です(笑)

練習法

< 手首ぶらぶらオバケ体操 >

※音声なしでちょっとシュールな動画ですが、見ながらやってみてください(笑)

  • 手順1
     指の力を抜き、オバケの「うらめしや~」の形にする
  • 手順2
     脱力したままの状態で、手首を左右にぶらぶら~と振る(5秒間)
  • 手順3
     上下にもぶらぶら~と振る(5秒間)
  • 手順4
     「手順2~3」を2セット繰り返す
  •  

< 肩の力を抜く体操 >

  • 手順1
     ピアノの前に座り、手は「気をつけ」のポーズで体の横に
  • 手順2
    肩をゆっくりと上げて、上がりきったところで5秒キープ(5秒間)
  • 手順3
     力を抜いてストンッと落とす
  • 手順4
     「手順1~3」を3セット繰り返す
  •  

②叩くリズムや強さにムラがない

リズムと強さを一定にキープすることで、流れるような演奏になります。

逆に一定でないと、聴いている人をハラハラさせる危なっかしい演奏になります(笑)

練習法

一定のリズムをキープする方法は、こちらの記事を参考にしてください。
↓ ↓ ↓
【ピアノ初心者さん向け】たったの4ステップ!リズム感を鍛える練習法

< 鍵盤を一定の強さで叩く練習 >

  • 手順1
    叩く位置を確認
     鍵盤を一定の強さで叩くには、毎回指の同じ場所で叩くのがコツです。

    指の腹の少し上の、プニプニしたところで弾きます。

  • 手順2
    手の形を確認

    写真の1番が誤り、2番が正解です。

    指を軽く立てた状態で、ふわっと鍵盤に手を置きます。

  • 手順3
    一定のリズムと強さで、「ドドドド レレレレ ミミミミ・・・」と、30秒間叩き続ける

    親指で「ド」を、人差し指で「レ」を、といったように、小指まで順番に弾いていきます。

    小指まで弾き終わったらまた親指に戻る、というのを30秒間繰り返します。

    慣れてきたら両手でやってみましょう。

  • 手順4
    上手く弾けない時は・・・
     リズムや強さが狂った指は、もう一度重点的に練習しましょう。

③弱くて繊細な音、力強い音がコントロールできる

音の強弱を自由自在にコントロールできるようになったら、あなたはもう初心者とは呼べないでしょう。

きっと私より上手くなっているはずです(笑)

微妙な音の強弱を操ることで、感情のこもったドラマチックな演奏になります。

 

練習法

音の強弱をコントロールするには、グランドピアノやアップライトピアノといった「生ピアノ」が必要です。

グランドピアノ

キーボードや電子ピアノの場合、難しいと思います。

なぜなら、電子楽器では、微妙なタッチの加減が表現できないからです。

私は普段キーボードで練習していますが、ちょっと強めに叩いただけで「バーン」と大きな音が出てしまうことがしばしばあります。

感覚がわからなくならないように、たまに実家や音楽教室でグランドピアノを弾くようにしています。

細かい音の表現をどうしてもしたいのなら、家に生ピアノを用意するか、生ピアノが弾けるスタジオで定期的に練習するのがおすすめです。

「まずは一通り弾けるようになればいい!」というのであれば、この練習は不要です。

おわりに

ピアノは、まず楽しく弾くことが大事なので、そんなに神経質になることはありません。

「なめらかに弾けない!」とストレスを感じる場合は、あまり気負いせず、私の練習法を試してみてくださいね。


こちらの記事も、良かったら参考にしてください!

ちょっと内容が重複していますが、指や手が疲れやすい場合は必見です。
↓ ↓ ↓
超初心者さん向けピアノ講座③:練習で指を痛めないための準備体操

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です