超初心者さん向けピアノ講座③:練習で指を痛めないための準備体操

こんにちは!速水ひかりです。

「楽譜の読み方も学んだし、さっそく曲を弾いてみよう!」

そんな風に思っているあなた!

曲を弾く前に、ぜひやってほしいことがあります。

それは・・・
指の準備体操です!

「指に準備体操なんているの~?」と思うかもしれませんが、これが結構重要なんです。

 

 今回は、「指の準備体操をやるメリット」と方法について説明してしきます。

※楽譜の読み方をまだ学んでいない場合は、以下の記事を参考にしてください。
↓ ↓ ↓
超初心者さん向けピアノ講座②:楽譜の読み方コツ。「ドレミ」を読んでみよう!

第3回あなたと私の個別レッスン、はじまりはじまり~

指の準備体操をやると、こんないいことが!

指の準備体操をするメリットはたくさんあります!

私が実際にやって感じたことをお話ししていきますね。

いいことその①指の動きがスムーズになる

ピアノをやり始めたばかりの頃は、誰しも指の動きが固いです。

私も当時習っていた先生に、「針金が入ってるの?!」なんて言われてました(笑)
指の準備運動をして、「今から指をたくさん動かすよー!」と脳に教えてあげましょう。

いいことその②ケガの防止になる

これは私の体験談ですが、ピアノを始めたばかりの頃、練習のしすぎで指がつってしまうことがありました。

次の日も痛みが取れず、練習したいのにできないという辛い思いをしました。
ピアノもスポーツと一緒で、急に動かすとケガをしやすくなります。
しっかり準備運動をすることが大事なのです。

いいことその③長時間弾いても手が疲れにくい

慣れないうちは、どうしても肩や腕、指に余計な力が入ってしまいます。

そのためピアノを30分弾くともうクタクタに、なんてことが起こります。

準備運動をすると身体の余計な力が抜けるので、長時間弾いても疲れにくくなります。

指の準備体操のやり方

指の準備体操をするメリットがわかったところで、さっそくやってみましょう!

その1.手首ぶらぶらオバケ体操

 

  • 手順1
    指の力を抜き、オバケの「うらめしや~」の形にする
  • 手順2
     脱力したままの状態で、手首を左右にぶらぶら~と振る(5秒間)

    ※手首を振るとき、指も一緒にぶらぶらしているのを感じながらやりましょう。

  • 手順3
     手首を上下にぶらぶら~と振る(5秒間)
  • 手順4
     「手順2~3」を2セット繰り返す

その2.鍵盤の上でグーチョキパー体操

  • 手順1
     両手を「グー」の形にして鍵盤の上に置き、横に転がしたあと、軽く鍵盤をたたく
  • 手順2
    両手を「チョキ」の形にして鍵盤の上に置き、横に転がしたあと、軽く鍵盤をたたく
  • 手順3
     両手を「パー」の形にして鍵盤の上に置き、横に転がしたあと、軽く鍵盤をたたく
ポイント

押さえる鍵盤、たたく鍵盤はどれでもいいです。

めちゃくちゃな音になってもいいので、鍵盤の上で手を動かしましょう!

その3.仕上げ

これは、ラジオ体操で言うところの「深呼吸」のようなものです。

  • 手順1
    両手で握りこぶしを作り、力を入れてぎゅっと握る
  • 手順2
    「フワッ」と力を抜き、こぶしを少し開く
  • 手順3
     手をそのままの状態で鍵盤に置く
ポイント

「手順3」の状態が、ピアノを弾くときの理想的な手の形です。

この手の形を意識して、曲を弾き始めてくださいね。

おわりに

せっかく毎日の楽しみに、とピアノを始めたのに、手を痛めて練習できなくなってしまうのは悲しいですよね。
特に大人になってからピアノを始めた場合、関節が固くなっているため手を痛めやすいです。
ピアノを弾く前はしっかり準備体操をして、毎日楽しく練習しましょう!

次回は、指の動かし方について学びます。お楽しみに!
↓ ↓ ↓
超初心者さん向けピアノ講座④:指の動かし方に慣れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です