自分のピアノ演奏を動画サイトに投稿しよう!①必要な機材編

こんにちは!速水ひかりです。

「自分のピアノ演奏を誰かに聴いてほしい!」というあなた!

あなたの演奏を、動画サイトに投稿してみませんか?

 

動画の投稿って、お手軽なようで、やってみると意外と大変なものです。

しかし、知らない人が自分の演奏聴いてくれたり、動画を通して多くの人と交流できるのはとっても楽しいですよ。

今回は、動画投稿の入門編として、必要な機材をご紹介します!

ピアノ動画撮影に必要な機材~映像編~

私が実際に使っている機材をご紹介します!

①カメラ

動画を撮影するのに欠かせないのが、カメラです。

予算や用途に合ったものを用意しましょう。

動画を撮影するのに適しているカメラは、大きく分けて3種類あります。

  • 一眼レフカメラ
  • webカメラ
  • スマートフォン

おすすめは一眼レフカメラです。

なんといっても画質がいいです!

一眼レフ・ウェブカメラ・スマートフォンの順に、それぞれの画質を見比べてみましょう。

 

<一眼レフ>

 

<Webカメラ>

 

<スマートフォン>

一眼レフカメラで撮影したものが断トツでキレイですね。

画質がキレイな順だと、

一眼レフ>スマートフォン>ウェブカメラ

といったところでしょうか。

今は初心者向けの一眼レフカメラも出ているので、操作も簡単で便利です。

ちなみに、上の画像では、こちらのカメラを使用しています。

↓ ↓ ↓

<一眼レフ>

<ウェブカメラ>

②三脚(一眼レフカメラの場合)

一眼レフカメラで動画を撮影する場合、カメラを固定する三脚が必要になります。

遠くから撮りたい場合や、上から撮影したい場合は、ロングタイプのものがおすすめです。

 

私が使っている「SLIK GX 6400」は、脚を伸ばすと高さが150cmほどになるので、座った状態なら上から撮影することができます。

最低限、カメラと三脚があれば、ピアノ演奏動画の撮影は可能です。

自宅で、自宅で大きな音を出せない場合は音楽スタジオなどを借りて、撮影しましょう!

音楽スタジオを利用したことがない場合は、こちらの記事を参考にしてください♪

憧れのピアノで演奏しよう!初心者向けスタジオ練習のススメ

カメラのみで動画を撮影したときのメリット・デメリット

カメラのみで動画を撮影するメリット

・機材の用意が最小限で済む

・映像と音を別々に撮らずに済むので、動画作成が簡単

とにかく簡単で手間がいらないのが魅力です。

カメラのみで動画を撮影するデメリット

・音質が悪い

鍵盤を叩く音、部屋の空調の音、周囲の音などの雑音が入ってしまいます。

特に自宅での録音は、雑音が入りやすいのがネックです。

多少雑音が入っても、簡単な方法でやりたい!という場合は、この方法で問題ないかと思います

参考までに、音楽スタジオで撮影した一眼レフの映像を載せておきます。

↓ ↓ ↓

ボリュームを大きくすると、「サーッ」という雑音が入っているのがわかります。

ピアノ動画撮影に必要な機材~音声編~

雑音が入らない動画を撮影したい!ということであれば、映像と音声を分けて撮りましょう。

私は、自宅ではいつもこの方法で撮影しています。

それでは、私が音声の録音に使用している機材をご紹介します!

ご注意!
これからご紹介するのは、USB端子がある電子ピアノやキーボードでのみ利用できる方法です。

<USB端子>

あなたが持っているピアノが、

・グランドピアノ

・アップライトピアノ

・USB端子のない電子ピアノ

の場合は、カメラのみでの撮影をおすすめします。

①パソコン

ピアノで出した音をパソコンに取り込むことによって、雑音の入らない状態で録音することができます。

ピアノとパソコンを接続して録音するので、持ち運びが便利なノートパソコンがおすすめです。

私は、ピアノとパソコンをこんな風に繋いで設置しています。

ちょっとカッコ悪いですが、撮影時にパソコンが写りこまないよう注意すれば問題ありません(笑)

②USBケーブル

ピアノとパソコンをつなぐのに使います。

家電量販店やネットショップで購入することができます。

購入する際は、ケーブルの長さに注意しましょう!

購入してから長さが足りなかった!ということにならないよう、パソコンとピアノの距離を測っておくと良いです。

③音楽制作、録音ソフト

ピアノとパソコンをつないだだけでは、音は出ません。

そこで、音楽制作ソフトや、録音ソフトをダウンロードしましょう。

私が使っているのは、「Studio one 3 Prime」という無料のソフトです。

引用:https://www.mi7.co.jp

無料ソフトなのに音色の種類が多く、録音した音を加工することもできます。

ダウンロード方法は、以下のページの「Primeの入手方法」という欄を参考にしてください。

↓ ↓ ↓

>>>「Studio One」公式サイト

おわりに

いかがでしたか?

映像と音声を分けて撮るのはちょっと大変なので、まずはカメラ1台で撮影してみてはいかがでしょうか。

準備が整ったところで、次回はいよいよ動画の撮影方法についてお伝えします。

↓ ↓ ↓

自分のピアノ演奏を動画サイトに投稿しよう!②動画の撮り方編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です