【ピアノの鍵盤数】数え方は?おすすめは?最大何個?全部教えちゃいます!

こんにちは!速水ひかりです。

前回の記事では、グランドピアノや電子ピアノなど、ピアノの種類について解説しました。

※まだ読んでいない!という場合は、こちらの記事を参照してください。

↓ ↓ ↓

>>>ライフスタイルに合わせたピアノの選び方

自分に合ったピアノのタイプが決まったところで、さらなる問題があります。

それは、「鍵盤の数は、どのくらいものがいいのか?」ということです。

今回は、鍵盤数の数え方や種類について解説します。

あなたに必要な鍵盤数のピアノを見つけましょう!

ピアノの鍵盤数の数え方

鍵盤数とは「白い鍵盤と黒い鍵盤、すべてを合わせた鍵盤の数」のことを言います。

つまり、左から順番にすべての鍵盤を数えていけば、ピアノの鍵盤数がわかります。

私の持っているキーボードピアノは、全部で61個の鍵盤がありました!

鍵盤数の単位は、「鍵(けん)」です。

つまり私のピアノは、「61鍵のキーボードピアノ」ということになります。

そのまんまですね(笑)

ピアノの鍵盤数の種類

楽器屋や通販サイトでは、さまざまな鍵盤数のピアノが売られていますが、一般的には以下の5つに分けられます。

①32鍵

②49鍵

③61鍵

④76鍵

⑤88鍵

ひとつずつ、特徴を説明していきますね。

①32鍵タイプのピアノ

子供向けの小さなピアノなどは、このくらいの鍵盤数のものが多いです。

幼少期に音楽と触れ合う用のピアノ・・・という感じですね。
写真を見てもわかる通り、大人が弾くにはちょっと物足りないかと思います。

②49鍵タイプのピアノ

初心者向けのコンパクトなキーボードは、このくらいの鍵盤数のものが多いです。

家電量販店なんかによく置いてあるタイプで、お手頃価格で手に入ります。

バンドでちょっとしたフレーズを演奏したり、片手で軽く弾く分にはちょうどいいですが、両手での演奏には、ちょっと鍵盤が足りないかもしれません。

③61鍵タイプのピアノ

私が使ってるピアノ

私が使っているのが、この61鍵タイプ。

一般的なキーボードは、61~76鍵のものが多いです。

両手で弾くのであれば、最低限このくらいの鍵盤数は欲しいところです。

実際に使った感覚としては、こんな感じです。

  • バンドのキーボード⇒大活躍!
  • 弾き語り⇒十分足りる
  • ピアノソロ(ポップスなど)⇒ギリギリ足りる
  • クラシック⇒子供向けの簡単なものでも足りない・・・(泣)

④76鍵タイプのピアノ

 

61鍵のピアノと比べて、演奏の幅がぐっと広がります。

その分、鍵盤1つ1つの大きさが小さかったり、本体が大きくてかさばるというデメリットもあります。

私も本当は76鍵の方が良かったのですが、部屋に置くスペースがなく、61鍵にしました。

⑤88鍵タイプのピアノ(最大)

グランドピアノ

グランドピアノやアップライトピアノは、ほとんどが88鍵です。

どんな曲を弾くのにも、これだけあれば十分といえるでしょう!

※ウィーンのピアノメーカー「ベーゼンドルファー」では、92鍵や97鍵のグランドピアノが製造されていますが、その他のピアノメーカーだと、88鍵が最大なようです。

クラシックを弾くのであれば、断然88鍵をおすすめします。

最近では、電子ピアノでも88鍵のものがたくさん出ています。

クラシックを弾いてみたいけど、ご近所への音漏れが気になる・・・という場合は、88鍵の電子ピアノを選んでみてはいかがでしょうか。

<h2あなたに合ったピアノの鍵盤数はどれ?

これまでお話ししたことをまとめました。
  • 両手で弾くなら61鍵以上必要
  • 家のスペースに余裕があるのなら、61鍵よりも76鍵がおすすめ
  • クラシックを弾くなら88鍵がおすすめ
以上のことをふまえて、あなたに合ったピアノの鍵盤数を探してみましょう。

おすすめの鍵盤数は、「多ければ多いほど良い!」

極論を言ってしまうと、鍵盤数は多いに越したことはありません。

好きな曲を弾いてみたら、「鍵盤が足りなかった!」なんて事態は避けたいので・・・。

曲のジャンルや置くスペース、持ち運ぶ時のことなど、色々な角度から考えて、慎重に選んでくださいね。


次の記事では、「ピアノ初心者さんにおすすめの練習法」をご紹介しています。

あなたは、自分にぴったりのピアノを用意したら、まずは「何でもいいから弾けるようになりたい!」と思うかもしれません。

でも、何事も始めが肝心。ピアノもその例外ではありません。

実は、挫折しにくい練習法というものがあるんです。

「とりあえず」で簡単な楽譜やピアノ教室を探す前に、ぜひ1度読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓

ピアノをどうやって練習したらいいかわからないあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です