「大人向けピアノ教室」の月謝相場と、その他の選ぶポイント

こんにちは!速水ひかりです。

ピアノ教室に通ってみたいけど、「お月謝」が気になるあなた!

毎月のことなので、気になりますよね。

「できるだけ安く!とは言わないけど、割高のところに通うのはちょっと・・・」

その複雑な気持ち、わかります!(笑)

そこで今回は、大手ピアノ教室と個人ピアノ教室、それぞれの月謝の相場を比較してみました!

ピアノ教室の、月謝の相場比較

一口に「月謝の相場」と言っても、実はなかなか判断が難しいんです。

なぜなら、同じ教室でも生徒さんの条件によって、月謝が変わってくるからです。

月謝が変動する条件には、こんなものがあります。

  • 生徒が大人か子供か
  • 生徒が初心者か中級者か
  • レッスンの頻度
  • レッスンの時間

などなど・・・

確かに、「月に1回30分の子供向けレッスン」「月に4回90分の、大人向けレッスン」では、月謝が違って当たり前ですよね。

そこで今回は、条件を以下のように限定して、相場を計算してみました!

この条件で統一!
・生徒の年齢:大人
・生徒の技術:初心者
・レッスン頻度:月3回
・レッスン時間:30分間

それではさっそく、ピアノ教室の月謝相場を紹介していきます!

ご注意

以下のデータは、私が公式サイトを参考にして、独自に調査したものです。

当然ながら、細かい料金は教室によって異なります。

あくまで「目安」として、役立てていただければと思います。

 

大手ピアノ教室の月謝相場

まずは、大手ピアノ教室の月謝相場です。

調査に使ったのは、以下の5つの大手ピアノ教室です。

有名どころばかりですね~!

上でもお話しした通り、「大人のピアノ初心者が、月3回30分のレッスンを受けた場合」の費用を計算しました。

<大手ピアノ教室の費用相場の比較>

ヤマハ カワイ 山野 宮地 島村
レッスン費 9,500 9,720 5,750 9,720 8,640
入会費 7,500 10,800 10,000 9,720 10,800
管理費 2,750 2,160 なし 記載なし 1,350
初月の

費用合計

19,750 22,680 15,750 19,440 20,790

上の表によると、大手ピアノ教室の月謝相場はこんな感じです。

初月の費用:2万円弱

次の月以降:1万円弱

最初だけとはいえ、「入会費」が1月分のレッスン料と同じなのは、ちょっと痛いですね~。

個人ピアノ教室の月謝相場

続いて、個人で運営しているピアノ教室の月謝相場です。

個人のピアノ教室は、全国でかなりの数があるんですよね・・・。

そこで、こちらの検索サイトで都内最安値・最高値の教室を調べ、その平均を計算しました。

「ピアノ教室net」>>>公式サイト

<個人ピアノ教室の費用相場の比較>

都内最安値 都内最高値
レッスン費 3,500 1,2000
入会費 0 0
管理費 0 0
初月の費用合計 3,500 1,2000

上の表によると、個人ピアノ教室の月謝相場はこんな感じです。

初月の費用:8,000円弱

次の月以降:8,000円弱

例外もありますが、個人のピアノ教室の場合、入会費や管理費がかからない所がほとんどです。

一部のお高いところを除けば、大手よりも個人ピアノ教室の方が、レッスン料が安いといえるでしょう。

月謝以外にかかる費用

大手、個人のピアノ教室の月謝相場を比較したところで、月謝以外にかかる費用についてお話しします。

①入会費

入会時、1度だけ支払うものです。

1万円くらいが相場ですが、時期によっては、キャンペーンで安くなることがあります。

上の表で紹介したように、「入会費無料」という教室もあります。

②管理費(施設費)

教室を維持するのにかかる料金で、毎月支払うものです。

基本的に、大手の教室は有料、個人の教室は無料です。

なぜかというと、個人の教室は、先生の自宅をレッスン室にしているからです。

大手の教室は、ビルの一角などを借りて運営しているところがほとんどなので、維持管理費がかかるのです。

③発表会の出演料

会場のレンタルにかかる料金で、発表会の出演者が支払うものです。

会場の規模によって、料金が大きく変わってきます。

大きくて立派な会場だと、数万円する場合も・・・!

市民ホールなどを使う場合は、無料なことがあります。

④発表会の衣装代

ホールなどで発表会をする場合、ある程度きっちりした衣装を着るのが一般的です。

ドレス・靴・ヘアメイクなどなど・・・こだわればこだわるほど、高額になります(笑)

ちなみに、私が通っている教室の発表会は、ライブハウスで行うカジュアルなものなので、普段着でOKです。

習う曲のジャンルによっても変わってくるかもしれませんね。

以上の4つが、月謝以外にかかる費用です。

「レッスン料以外にも色々と出費がある」ということを頭に入れたうえで、教室を選ぶのがおすすめです。

具体的な「毎月の料金」が気になる場合は、教室に直接問い合わせてもいいですね。

月謝が安い=悪い教室、高い=良い教室?

さて、これまで「料金」について色々お話ししました。

では、結局のところ、月謝がいくらの教室に通うのが正解なのでしょうか?

 

残念ながら、答えは「わからない」です。

料金が安くても、あなたの望みを叶えてくれる教室はあるはずですし、逆に高くてもあなたに合わないかもしれません。

 

しかし、相場を知っておくことで、「なんでこんなに安い(高い)んだろう・・・?」と料金設定を疑う材料にはなります。

 

月謝が安すぎる教室は、生徒さんがあまりにも来ないなど、なにか事情があるのかもしれません。

高すぎる場合は、音大合格やコンクール出場を目指す「超一流」のための教室かもしれません。

 

相場を見て予算をある程度決めておき、最終的には「月謝以外のポイント」で判断するのがおすすめです。

月謝以外で教室を選ぶポイント

「月謝以外で教室を選ぶポイト」で具体的なのが、以下の5つです。

  1. 他の生徒の年齢・性別
  2. 演奏技術
  3. 発表会の有無
  4. 取り扱いジャンル
  5. 立地

それぞれ1つずつ、お話ししていきます。

ポイント①他の生徒の年齢・性別

一見どうでもいいことのようですが、意外と重要です。

「自分以外、子供しかいない教室に入っちゃった!」と、入ってから気付いて悩む人もいます。

普段の個別レッスンは問題ありませんが、発表会はちょっと気まずいですよね・・・。

 

その点、同年代や同性の生徒さんがたくさんいると、良きお友達になれる可能性が高まります。

同じ趣味をもつ仲間って、大人になってからはなかなかできないので、とても貴重です。

ポイント②演奏技術

初心者さんに優しい教室、プロを目指すような上級者向け教室・・・などなど、教室によって目指す演奏のレベルが違ったりします。

 

あなたがまったくの初心者で、1曲だけでも弾けるようになりたいのか、

以前習ったことがある経験者で、中級者を目指したいのか・・・

 

あなたが理想とする「演奏技術のレベル」を明確にしておくといいですね。

「レベル」って言葉はあまり好きじゃありませんが・・・(汗)

ポイント③発表会の有無

発表会を開催する教室がほとんどですが、生徒さんの数が少ない教室だと、開催しない場合もあります。

 

あなたが「家で楽しく弾くだけで十分!」ということであれば、発表会がない教室を、

「人前で弾いてみたい!」というこであれば発表会がある教室を選びましょう。

ポイント④取り扱いジャンル

あなたは、ピアノでどんな曲を弾いてみたいですか?

クラシック、ポップス、ジャズ・・・ピアノでは色々なジャンルの曲が弾けます。

 

大手のピアノ教室では、弾きたい曲のジャンルによってコースが別れていることがありますが、コース選択ができない教室もあります。

クラシックの生徒さんしか持ったことがない教室で、「ポップスをやりたいです!」と言った場合、先生が困ってしまうかもしれません。

 

自分が弾いてみたいジャンルと、教室で教えてもらえるジャンルが合っているか、事前に確認しておきましょう。

ポイント⑤立地

当たり前かもしれませんが、家や職場から近いところがおすすめです。

趣味の習い事は、行くのが面倒になったらおしまいです。

 

「面倒くささ」が「ワクワク」を上回らないよう、通うのが苦にならない距離の教室を探しましょう。

 

私は現在、電車で1時間半くらいの距離の教室に通っていますが、正直しんどいです(笑)

どうしても今の教室がいいので、今後も通い続けますが・・・。

 

見学や体験レッスンを積極的に利用しよう!

引用:https://www.yamahamusic.jp

上に挙げた、「月謝以外のポイント」は、実際に問い合わせてみないと、わからないことばかりですよね。

そんなときは、教室見学や体験レッスンを積極的に利用しましょう!

 

一度見学に行けば、そこで細かい料金や方針を確認できますし、何より教室や先生の雰囲気を知ることができます。

 

第一印象で「苦手かも・・・」と思った場合、レッスンの相性も良くない可能性が高いですからね・・・(汗)

教室見学や、体験レッスンを実施しているピアノ教室は、全国各地にたくさんあります。

基本的には無料なので、行ってみたい教室がある程度絞れたら、行ってみるのをおすすめします。

 

おすすめのピアノ教室検索サイト

自分が通いたいピアノ教室を探すには、検索サイトを利用するのがおすすめです。

今回は、「生徒の声」や体験レッスンを受けた感想など、第三者のレビューが見れるサイトをご紹介します ♪

検索サイト①.PTNA(ピティナ)

引用:http://www.piano.or.jp/teacher/

おすすめポイント
  • 登録している教室の数がとにかく多い!

東京都だけで1500個の教室が見つかりました。
あなたの近所の教室も探しやすいはずです。

 

  • 申し込んだあと、先生と面談をしてからレッスン開始になる

サイトの方で審査があるため、申し込んだら必ず面談できるわけではありませんが、お互い納得してからレッスンを開始できるのは魅力ですね。

 

  • 応募する前に、教室の詳しい情報が見られる

先生の性別、レッスン料金、体験レッスンの有無、発表会の有無、取り扱いジャンル、対象年齢など、かなり細かい情報が載っています。
教室によっては公開していないところもありますが、詳細な情報が載っている教室を見つけましょう!

>>>「PTNA(ピティナ)」の公式サイトはこちら

 

検索サイト②.ピアノ教室.net

引用:http://www.piano-k.net/

おすすめポイント
  • 応募する前に、サイトから体験レッスンの申し込みができる

体験レッスンを実施していない教室もあるので、実施しているところを見つけて申し込みましょう。

 

  • 色々な条件から検索できる

料金の目安、入会金、コース(初級~上級・大人など)、ジャンル、希望曜日、など、自分の希望条件から検索することができてとても便利です!
好きな言葉を入力して、当てはまるものを検索する「フリーワード検索」なんてものもあります。

 

  • 検索した教室のお気に入り登録ができる

いってみたい教室がいくつもあってなかなか絞れない!ということであれば、これを使うと便利です。
気になった教室を複数キープしておいて、そこから厳選することができます。

>>>「ピアノ教室.net」の公式サイトはこちら

 

まとめ

最後に、これまでお話ししたことのまとめです。

ピアノ教室の月謝相場
  • 独自に調べたところ、大手ピアノ教室は1万円弱、個人のピアノ教室は8,000円弱
  • 大手、個人にかかわらず、教室によって月謝はピンキリ
  • 入会費、管理費、発表会出演料、発表会衣装代など、レッスン以外にも出費あり

※「月謝が安い=悪い教室」というわけではないので、料金以外の要素にも注目

月謝以外で教室を選ぶポイント
  • 他の生徒の年齢・性別
  • 演奏技術
  • 発表会の有無
  • 取り扱いジャンル
  • 立地

※無料の教室見学や、体験レッスンを利用するのがおすすめ

おすすめのピアノ教室検索サイト

 

通うピアノ教室によって、今後のあなたのピアノライフが大きく変わってきます。

肝心なのは、あなたがそこに通って「いかにウキウキできるか?」ということです。

 

あまり「月謝の安さ」にこだわりすぎず、慎重に選んでくださいね。

よろしければ、こちらの記事もご覧ください!
↓ ↓ ↓
【教材と教室】ピアノの基礎を学ぶなら、あなたはどっち向き?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です