ピアノコードの簡単な覚え方と練習法【解説画像・動画付き】

こんにちは!速水ひかりです。

コードを使って、バンドや弾き語りで手軽にピアノを楽しみたい!

ピアノの楽譜を読まなくても、コード譜を見てサラッと演奏できるようになりたい!

そんな風に思っているあなた!

ピアノのコードって、一覧表を見ながら弾こうとしても、たくさん種類があって大変ですよね。

コードの仕組みを理解すれば、たとえピアノ未経験でも、コードでの演奏を簡単に身に付けることができます。

今回は、「ピアノ初心者でもわかる、コードの覚え方」について紹介していきます!

コードってなに?

コードの覚え方をご紹介する前に、そもそもコードとはどんなものなのか、お話ししておきます。

あなたがギター経験者の場合、知っているかもしれませんが、おさらいだと思って聞いてください。

コードとは、「複数の音が集まってできるグループの名前」です。

コードがどういうものなのか、一世を風靡した3人組アイドル、「キャンディーズ」に例えるとわかりやすいです。

彼女たちにはそれぞれ、「ランちゃん」、「スーちゃん」、「ミキちゃん」という名前がありますが、3人揃うと「キャンディーズ」というグループになります。

これと同じように、音1つ1つだと「ド」「ミ」「ソ」という名前、その3つが合わさると「C」というグループになります。

この「グループ」こそが、「コード」なのです。

ピアノ初心者でもわかる!ピアノコードの覚え方

それではいよいよ、コードの覚え方をご紹介します!

覚え方の手順は、以下の通りです。

ピアノコードの覚え方手順
①ピアノコードの仕組みを理解する

②7つの「メジャーコード」を覚える

③「#(シャープ)」と「♭(フラット)」を理解する

④「マイナーコード」を理解する

⑤「セブンスコード」を理解する

⑥実践練習!

順番に1つずつ、説明していきますね。

覚え方①ピアノコードの仕組みを理解する

まずは、コードの仕組みを理解しましょう。

コードの名前は、A~Gのアルファベットで表す

ピアノの音には、ひとつひとつ「ドレミ」とカタカナの名前がついていますよね。

これに対して、コードは「A・B・C・D・E・F・G」というアルファベットの名前が付いています。

どのコードがどんな音で構成されているのかは、後ほど説明しますね。

ピアノでコードを弾くには、最低3つの鍵盤を押さえる

冒頭で、「コード=複数の音が集まってできるグループの名前」とお話ししました。

ポーンと鍵盤を1つ押しただけでは、コードとは呼べません。

コードを弾こうとすると、3つ以上の鍵盤を押さえる必要があります。

4つ、5つの鍵盤を押さえてもいいのですが、今回は入門編ということで、片手の指3本だけを使います。

コードの中には、「リーダーとなる音」がいる

キャンディーズに「ランちゃん」というリーダーがいるように、コードのなかにも「リーダー」がいます。

<コード名とリーダーの音>

上の画像の通り、コード「C」のリーダーは「ド」、コード「D」のリーダーは「レ」・・・・となります。

ピアノの鍵盤は、右へ行けば行くほど高い音になります。

「ド・レ・ミ・・・」と音が上がっていくと同時に、「C・D・E・・・」とコードのアルファベットも進んでいきます。

ここであなたは、疑問に思ったのではないでしょうか・・・。

「なぜ、『C』からなの?」

と・・・!

確かに謎ですよね。

これは、「ドレミ」に合わせてコードが作られているわけではないので、しょうがない・・・としか言えません(汗)

私たちに馴染みの深い「ドレミファソラシド」に合わせると、どうしても「C」からになってしまうのです。

ここはもう割り切って、「そういうもの!」と覚えてしまいましょう。

覚え方②7つの「メジャーコード」を覚える

コードの仕組みを理解したところで、コードがどんな音で構成されているのかを覚えましょう!

「覚える」と言っても、丸暗記するのは7つの主要コードだけです。

7つの主要コードさえ覚えてしまえば、あとはルールに従って変身させていけばいいので、それ以上 丸暗記する必要はなくなります。

この7つの主要コードのことを、「メジャーコード」と呼びます。

「メジャーコード」には、「耳に馴染みのある、明るい音」という特徴があります。

メジャーコードの名前と弾き方

それでは、7つのメジャーコード、「C・D・E・F・G・A・B」がどんな音で構成されているのか、解説していきます。

実際に弾いてみた動画も載せたので、ぜひ一緒に弾きながら確認してくださいね ♪

◆「C」のコード

「ド」がリーダーのコード「C」は、「ド・ミ・ソ」の3つを押さえます。

「ド」の鍵盤がどこかわからない場合は・・・

どこを押したら「ド」の音が出るかわからん!という場合は、こんな風に覚えて下さい。

「黒い鍵盤が2つ並んでいるところの左隣が、『ド』の音」

上の画像で、赤く塗られたところが、「ド」の鍵盤です。

見つけられましたか?

◆「D」のコード

「レ」がリーダーのコード「D」は、「レ・ファ#・ラ」の3つを押さえます。

「#」ってなに?

ファの右に付いている「#」。

これは「シャープ」といって、「半音上げてね」という意味の記号です。

今回は、「ファ#」なので、「ファ」と「ソ」の間の黒い鍵盤を押します。

◆「E」のコード

「ミ」がリーダーのコード「E」は、「ミ・ソ#・シ」の3つを押さえます。

今回は、「ソ」にシャープが付いているので、「ソ」と「ラ」の間にある黒い鍵盤を押します。

◆「F」のコード

「ファ」がリーダーのコード「F」は、「ファ・ラ・ド」の3つを押さえます。

「G」のコード

「ソ」がリーダーのコード「G」は、「ソ・シ・レ」の3つを押さえます。

◆「A」のコード

「ラ」がリーダーのコード「A」は、「ラ・ド#・ミ」の3つを押さえます。

◆「B」のコード

「シ」がリーダーのコード「B」は、「シ・レ#・ファ#」の3つを押さえます。


「#」がついている音が2つあるので、注意しましょう。

◆メジャーコード一覧まとめ

「C」⇒ド・ミ・ソ

「D」⇒レ・ファ#・ラ

「E」⇒ミ・ソ#・シ

「F」⇒ファ・ラ・ド

「G」⇒ソ・シ・レ

「A」⇒ラ・ド#・ミ

「B」⇒シ・レ#・ファ#

7つのメジャーコード、きちんと押さえられましたか?

お気づきかもしれませんが、「ピアノコードの仕組みを理解する」でお話しした「リーダーの音」が、一番左側の鍵盤になっています。

「リーダーはいつも左にいる」と覚えておきましょう。

鍵盤が徐々に右にずれていくのを感じながら、順番に弾いてみてくださいね。

覚え方③#(シャープ)と♭(フラット)を理解する

さて、あなたは7つのメジャーコード、「A・B・C・D・E・F・G」を覚えましたね。

今度は、このコードに「#(シャープ)」と「♭(フラット)」が付いていた場合どうすればいいか、解説します。

コードに「#(シャープ)」が付いていた場合

メジャーコードの解説でも少し触れましたが、「#」は「半音上げてね」という意味の記号です。

つまり、3つの鍵盤全てを「半音上げ=1つ右隣に移動」しちゃいましょう!

試しに、「C」を、「C#」にしてみましょう。

「C」は、先ほどやった通り、「ド・ミ・ソ」ですね。

「ド・ミ・ソ」の鍵盤を、全て1つ右隣に移動するとこうなります。

この「ド#・ファ・ソ#」が、「C#」というわけです。

コードに「♭(フラット)」が付いていた場合

「#」が「半音上がる」のに対して、「♭」は「半音下がる」という意味の記号です。

つまり、コードに「♭」が付いていた場合、全ての鍵盤を「1つ左隣に移動」しましょう!

試しに、コード「D」を「D♭」にしてみましょう。

普通の「D」は「レ・ファ#・ラ」ですね。

「レ・ファ#・ラ」の鍵盤を、全て1つ左隣に移動するとこうなります。

この「ド#・ファ・ソ#」が、「C#」というわけです。

「C」に「#」を付けると、「ド#・ファ・ソ#」。

「D」に「♭」を付けると、「ド#・ファ・ソ#」。

お気づきでしょうか・・・

そう、「C#」と「D♭」は、同じ音なのです!

この場合、どちらが正しい、間違っている、ということはありません。

どっちも正しいんです。

これだから、全てのコードを丸暗記するのって、キリがないんですよね~(汗)

覚え方④「マイナーコード」を理解する

続いて、「マイナーコード」について解説します。

メジャーコードが「耳に馴染みのある、明るい音」なのに対して、マイナーコードは「なんだか暗い雰囲気の音」という特徴があります。

余談ですが、マイナーコードは、フォークソングによく使われます。

マイナーコードの音色が、歌の物悲しい雰囲気にマッチするんでしょうね。

マイナーコードの弾き方

マイナーコードの弾き方は、単純明快!

「真ん中の音を半音下げる(左隣の鍵盤に移動する)」、これだけです。

先ほど学んだことを活用して言い換えると、「真ん中の音に『♭』をつける」ということになりますね ♪

ここで混乱した場合は、「♭」の解説を読み返してみましょう!

ではさっそく、「E」をマイナーコードにしてみましょう!

普通の「E」は「ミ・ソ#・シ」でしたね。

真ん中の鍵盤「ソ#」を、1つ左隣に移動に移動すると、こうなります。

この「ミ・ソ・シ」が、「E」のマイナーコード、「Em(イーマイナー)」です!

ぜひ、「E」と「Em」を実際に弾いてみてください。

「Em」の方が暗い音色で、どことなく四畳半フォークの香りがします(笑)

覚え方⑤「セブンスコード」を理解する

続いて、「セブンスコード」について解説します。

セブンスコードは、通常のコードに「おまけ」を付けて、音に深みを与える、というコードです。

セブンスコードにも色々と種類があるのですが、今回は代表的な「普通のセブンス」「メジャーセブン」だけ紹介します。

「普通のセブンス」の弾き方

普通のセブンスで押さえる鍵盤は、以下の通りです。

通常のコード3つ + (1オクターブ上のリーダー音 - 1音)

文章にすると、ちょっとわかりにくいですね。

なんだか数式のようになってしまいました・・・(汗)

通常のコード3つに「おまけ」が1つで、合計4つの鍵盤を押さえる必要があります。

実際にやってみた方がわかりやすいので、「F」のセブンスコード、「F7(エフセブン)」を押さえてみましょう。

まず、通常の「F」(「ファ・ラ・ド」)を押さえます。

ここに、セブンス特有の「おまけの音」を追加します。

おまけの音は、「1オクターブ上のリーダー音 - 1音」でしたね。

「おまけの音」を見つけるのは、慣れていないとちょっと難しいので、以下のように順を追って探していきましょう。

①リーダーの音を見つける

②1オクターブ上のリーダー音を見つける

③「ー1音」の音(2つ左の鍵盤)を見つける

1つずつ説明していきます。

①リーダーの音を見つける

これは簡単ですね。

「リーダーはいつも左にいる」ので、「F」のリーダーは、「ファ」です。

②1オクターブ上のリーダー音を見つける

「1オクターブ上」とは、「1段階上の同じ音」という意味です。

鍵盤を順番に読んでいくと、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・・・」という風に、「ドレミファソラシド」が何度も繰り返されます。

レミファソラシレミファ・・・」

上の画像の通り、2回目にやってきた「ド」が、1番最初に読んだ「ド」の1オクターブ上の音、ということになります。

つまり、「F」のリーダー「ファ」の1オクターブ上は、ここです。

これで、「1オクターブ上のリーダー音」が見つけられました!

③「マイナス1音」の音(2つ左の鍵盤)を見つける

続いて、②で見つけた「1オクターブ上のリーダー音」の2つ左の鍵盤を探します。

この「レ#」こそが、「F7」の「おまけの音」です!

これでようやく、すべての音が揃いました。

「ファ・ラ・ド・レ#」を押さえれば、「F7(エフセブン)」の完成です!

ちょっとややこしいですが、ルールを理解すれば、すべてのコードに活用できますよ!

「メジャーセブン」の弾き方

「普通のセブンス」を習得したところで、次は「メジャーセブン」です!

これは私の勝手なイメージなんですが、「メジャーセブン」は「ジブリ音楽っぽいコード」だと思います(笑)

メジャーセブンスで押さえる鍵盤は、以下の通りです。

通常のコード3つ + (1オクターブ上のリーダー音 - 半音)

普通のセブンスとほとんど一緒ですね。

ただ1つだけ違うのは、「マイナス1音(2つ左の鍵盤)」だったのが、「マイナス半音(1つ左の鍵盤)」になっているところです。

普通のセブンスと同じく「F」のコードを使って、「FM7(エフメジャーセブン)」を押さえましょう。

※ちなみに、メジャーセブンスは「M7」以外にも、「maj7」と表記することがあります。

「ややこしい!統一してよ!」と思いますよね?

私もまったく同感ですが、そういうものなんです・・・(汗)

まずは、リーダー音、「ファ」の1オクターブ上の音を見つけます。

ここまでは、普通のセブンスと一緒ですね。

1オクターブ上の「ファ」を1つ左に移動すると・・・・

そう、「ミ」ですね!

この「ファ・ラ・ド・ミ」が、「FM7(エフメジャーセブン)」です!

実際に鍵盤を押さえてみましょう。

きっと、「ジブリの風」が吹き抜けるはず!(笑)

「セブンスコード」のまとめ

ちょっと長くなってしまったので、セブンスコードのルールをまとめておきます。

頭が混乱してきてたら、ここで1度整理しておきましょう。

・セブンスコードで最も基本的なのが、「普通のセブンス」と「メジャーセブンス」

・「普通のセブンス」の押さえ方は、「通常のコード3つ + (1オクターブ上のリーダー音 - 1音)」

⇒「マイナス1音」=鍵盤を2つ左に移動させる

・「メジャーセブンス」の押さえ方は、「通常のコード3つ + (1オクターブ上のリーダー音 - 半音)」

⇒「マイナス半音」=鍵盤を1つ左に移動させる

覚え方⑥実践練習!

・メジャーコード

・#♭が付いたコード

・マイナーコード

・セブンスコード

の4種類を学んだあなた。

覚えたり学んだり、「インプット」するのは、いったんここで終了です。

お疲れ様でした!

あとはもう、実践練習あるのみです。

コードを見ただけで、パッと鍵盤が押さえられるよう、反復練習しましょう。

私が実践した「コードの練習法」をご紹介するので、よかったら参考にしてくださいね。

コード練習法「クイズ!このコードは何の音!?」

コードの練習には、

「自分でランダムにコードを書いて、どれだけ早く押さえられるか!?」

というクイズ形式が、楽しくておすすめです。

さっそく今からクイズを出題するので、鍵盤で押さえてみましょう ♪

第1問!次のコードを順番に弾くとどうなる?

A→C→B

・・・

・・・

・・・

タイムアップ!

正解の動画を見てみましょう。

正しく弾けていましたか?

第2問!次のコードを順番に弾くとどうなる?

B→F→G→E→A

・・・

・・・

・・・

タイムアップ!

正解の動画を見てみましょう。

正しく弾けていましたか?

こんな風に、自分にクイズを出しながら練習すると、いつの間にか弾けるようになっているはずです。

慣れてきたら、「コード譜」を見ながら演奏してみる

コードを見ただけで反射的に鍵盤を押さえられるようになったら、今度は曲に合わせて演奏してみましょう。

曲に合わせてコードがふってある楽譜のことを、「コード譜」といいます。

好きな曲のコード譜を探して、曲に合わせてコードを押さえると、「演奏できてる・・・!」と感動するはずです。

こちらは、私がよく使っている無料のコード譜サイト、「楽器.me」です。

↓ ↓ ↓

引用:http://gakufu.gakki.me/

ヒット曲のコード譜が4万曲以上用意されているので、お気に入りの曲がきっと見つかるはず!

>>>「楽器.me」公式サイトはこちら!

ピアノコードの覚え方まとめ

これまでお話ししたコードの覚え方をまとめました!

かなり色んなことをお話ししたので、疲れましたよね・・・?

私も疲れました(笑)

1度休憩をはさんでから、ここで「おさらい」をしてもらえればと思います。

「あれ?これなんだっけ?」と思う箇所があれば、上の方にある目次から探すと、そこだけもう1度見ることができます。

①ピアノコードの仕組みを理解する

  • コードの名前は「A・B・C・D・E・F・G」のアルファベットで表す
  • ピアノでコードを弾くには、最低3つ鍵盤を押さえる
  • コードの中には、「リーダーとなる音」がいる(1番左の音)

②7つの「メジャーコード」を覚える

  • C=「ド・ミ・ソ」
  • D=「レ・ファ#・ラ」
  • E=「ミ・ソ#・シ」
  • F=「ファ・ラ・ド」
  • G=「ソ・シ・レ」
  • A=「ラ・ド#・ミ」
  • B=「シ・レ#・ファ#」

 

⇒これだけ丸暗記してしまうと、後々楽ちん

③「#(シャープ)」と「♭(フラット)」を理解する

  • コードに「#」が付いていたら、全ての鍵盤を1つ右隣に移動させる(半音上げる
  • コードに「♭」が付いていたら、全ての鍵盤を1つ左隣に移動させる(半音下げる
  • コードの表記例:C#(シー―シャープ)」、「C♭(シーフラット)」

④「マイナーコード」を理解する

  • 真ん中の鍵盤だけ、1つ左隣に移動させる(半音下げる)
  • メジャーコードに比べて、暗い音色になる
  • コードの表記例:「Cm(シーマイナー)」

⑤「セブンスコード」を理解する

  • セブンスコードで最も基本的なのが、「普通のセブンス」と「メジャーセブンス」
  • 「普通のセブンス」の押さえ方は、「通常のコード3つ + (1オクターブ上のリーダー音 - 1音)」
  • 「メジャーセブンス」の押さえ方は、「通常のコード3つ + (1オクターブ上のリーダー音 - 半音)」
  • コードの表記例:「C7(シーセブン)」、「CM7(シーメジャーセブン)」

ポイント
「マイナス1音」=鍵盤を2つ左に移動させる

「マイナス半音」=鍵盤を1つ左に移動させる

⑥実践練習

 

  • コードを見ただけでパッと鍵盤を押さえられるよう、反復練習する
  • 反復練習には、「クイズ形式」と「好きな曲をコードで弾く」のがおすすめ
  • コード譜の無料サイト:>>>「楽器.me」公式サイト 

全てのコードを丸暗記で覚える必要はない!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

長々とお話ししてしまいましたが、これであなたはピアノコードの基礎が身に付いたはずです。

コードというのは、組み合わせ次第で無限に生まれるので、すべてを丸暗記するのは至難の業。

主要なものだけ覚えてしまって、あとは仕組みを理解するのが一番らくちんです ♪

実は、他にもルールがたくさんあるのですが、とりあえず今回ご紹介した

  • メジャーコード
  • マイナーコード
  • #、♭のついたコード
  • セブンス

を覚えておけば、色々な曲を弾けるようになります。

これから好きな曲をどんどん弾いて、あなたの演奏を磨いていってくださいね!

 

「ピアノを1から学んでみたい!」と思ったら、こちらの記事もご覧ください ♪

↓ ↓ ↓

ピアノをどうやって練習したらいいかわからないあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です