プロのミュージシャンから学んだ、ピアノを自由に楽しむ秘訣

こんにちは!速水ひかりです。

突然ですが、あなたはプロのミュージシャンのライブやコンサートに行ったことがありますか?

もし行ったことがなければ、1度興味がある人のライブへ行ってみることをおすすめします。

私は学生時代から、ライブハウスへよく足を運んでおり、素晴らしい時間を過ごしています。

まるで呼吸をするように自然に動く指、カウントを取らなくても息ピッタリなバンドの演奏、演奏中に自然とこぼれる笑顔・・・

そんなプロのミュージシャンが奏でる余裕たっぷりな演奏は、いつ見てもほれぼれします。

「私もこんな風に素敵な演奏ができるようになりたい!」と思い、ライブ後の出演者の方に、図々しくもお話を伺ってみました。

すると、とっても素敵な回答が返ってきたのです。

今回は、私がプロのミュージシャンから教わった、「音楽を自由に楽しむ秘訣」についてお話しします!

秘訣その①細かいことは気にしない!

ある日、私はとあるピアニストの方のライブに行きました。

素晴らしい演奏を聴いたあと、ライブ終了後も会場にいらっしゃったので、ちょこっとお話しさせてもらうことに。

私が自分でもピアノを弾いていることを伝えると、「家にピアノがあるの?」と聞かれたので、こんな風に答えました。

「普段は家のキーボードで弾いてます。

たまにグランドピアノを借りて弾くこともありますが、なかなか同じように弾けなくて・・・」

すると、衝撃の返答が。

「あぁ、そんなのテキトーだよ!」

・・・え?

テキトー?

その後も、素晴らしい演奏の秘訣を伺うも、答えは全部「え?テキトー!」でした(笑)

その時の私は、「天性の勘があるから、テキトーでも弾けるんだなぁ~」なんて思いましたが、家に帰る電車の中で、「いや、待てよ・・・?」と思い直しました。

プロのミュージシャンであれば、どんな曲をどんなピアノで弾くか、その時々で変わるのが日常茶飯事です。

「こんなピアノじゃ弾けない!」「曲のアレンジが急に変わったから弾けない!」なんて言い訳は通用しません。

そんな環境で日々演奏をしているからこそ、どんな状況でも「自分の演奏」をすることができるのではないでしょうか?

ご本人は「テキトー!」と言っていましたが、その「テキトー!」のなかには、ピアニスト魂が潜んでいると感じました。

それ以来私は、ピアノの種類などの小さいことにこだわる前に、「まずは与えられた状況で楽しんで演奏する!自分の演奏を全うする!」そんな風に考えるようになりました。

秘訣その②肩の力を抜く!

「肩の力を抜くこと」。

これは、私がとあるシンガーの方から教わったことです。

私はある日、お客さんと出演者が気楽に会話できるような、アットホームな雰囲気のライブに行きました。

そのライブ会場には、ドラムを一生懸命練習している、という小学生の男の子がいました。

その少年に向かって、シンガーの方はサラっと一言。

「楽器やるなら、肩の力抜いたらいいよ~」

これを聞いて私は、「なんて簡潔で核心を突いたアドバイスなんだ・・・!」と衝撃を受けました。

どんな楽器でも、肩に力が入った演奏というのは、ぎこちなくて聴きづらいものです。

逆に肩の力が抜けている演奏は、たとえ単純な演奏でも、聴いている人が「あ、なんかいいな~」と感じやすいです。

そのシンガーの方は、のんびりギターのチューニングをしながらそんなアドバイスしていて、すごい説得力でした(笑)

楽器を練習していると、無意識に「こうあるべき」というものが積みあがっていきます。

もっと複雑な演奏にしなきゃ・・・

人前で弾くなら、楽譜を見ないで演奏しなきゃ・・・

絶対に間違えないで弾かなきゃ・・・

こんな風に積みあがった「こうあるべき」を手放すことができたら、もっと自由に、もっと楽しく楽器を演奏できるんじゃないかな、と私は思います。

音楽に限らずどんな遊びでも、ルールが多ければ多いほど、窮屈になってきます。

何事も純粋に楽しむには、肩の力を抜いて楽しむことが大切だと気付かされました。

子供のように、純粋に音楽を楽しむ素晴らしさ

あなたはが子供の頃、夢中になって遊んだものは何ですか?

私が小さい頃夢中だったのは、ジグソーパズルです(笑)

あの頃は、「何日以内に完成させる!」とか「もっとピースが細かいものに挑戦する!」とか、そんな難しいことは考えていませんでした。

ただただ、パズルのピースをはめていくのが「楽しいから」。

それだけでした。

ピアノが上手くなりたいのも、色んな曲が弾けるようになりたいのも、そうするのが「楽しいから」です。

無理な練習をしたり、難しく考えすぎたりして、ピアノを弾くのが楽しくなくなってしまっては、元も子もありませんよね。

「難しく考えず、肩の力を抜いて楽しむ」。

それが自分らしい素敵な演奏を手に入れる方法だと、私はプロのミュージシャンの方から教わりました。

おわりに

いかがでしたか?

「難しく考えずに~」と思っていても、ついつい「こんな演奏じゃダメだ!」なんて思ってしまいますよね。

そんなときは、1度深呼吸してリラックスしてみましょう。

あなたも私も、自分らしく生き生きとした演奏が出来たらいいですね!

こちらの記事もおすすめです!

↓ ↓ ↓

>>>ピアノの練習をどうやったらいいかわからないあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です