【動画あり】ピアノは大人になってからも上達できるのか?私の体験談

こんにちは!速水ひかりです。
 

大人のピアノ初心者さんがまず抱く疑問。それは・・・
「大人になってからでもピアノは始められるのか?」

だと思います。


ピアノは子供の頃からやっている「選ばれし人」じゃなければ上達できない、そんなイメージがありますよね。

私は8歳のときにピアノを辞め、大人になってから再開しました。

ブランクが長すぎて、子供の頃は読めていた楽譜が完全に読めなくなっている状態からのスタートでした・・・。
そんな私が、大人になってからでもピアノは上達できるのか、実体験をもとにお答えします!

ピアノは大人になってからでも始められるけど、子供と比べて上達にかなり時間がかかる

ズバリ、これが答えです。

私が子供の頃、大体こんなペースで上達していました。

①新しい曲を教えてもらう(先生のお手本演奏を聴く)

②練習7日目→たどたどしくも、何とか1曲弾けるようになる

③練習14日目→スラスラ弾けるようになる

④練習21日目→細かいところを修正

⑤練習28日目→暗譜(楽譜を見ないで弾けるようになる)

1ヶ月に1曲仕上げる、というペースです。

これが大人になってからは、上の工程の②に到達するのに1ヶ月かかるようになってしまいました。

つまり、子供のころ1週間でできていたことが、1ヶ月かかってやっとできる、ということです。
ちなみに、練習時間は1日1~2時間と、子供の頃とほぼ一緒です。

なぜ大人は上達に時間がかかるのか?

なぜ大人になると、ピアノの上達が遅くなるのでしょうか。

原因は大きく分けて3つあります。

原因その1.関節が硬くて指が思うように動かない

大人になると、子供の頃に比べて体が硬くなりますよね。

指も例外ではなく、大人のピアノ初心者は、指の動きに苦労することが多いです。
私が大人になって久々にピアノを弾いたとき、とにかく指が動かないことにショックを受けました・・・。

こればかりしょうがないので、とにかく練習あるのみです!

1日に長時間練習すると、手を痛めやすいので、短時間でも毎日弾くことが重要です。

原因その2.記憶力の低下

あなたは、年々物忘れが激しくなったりしていませんか?

悲しいことに、記憶力とは、年齢と共に低下していくものです。

私は大人になってから、「前の日に練習したところを、次の日また忘れる」という現象がよく起こるようになりました・・・(泣)

せっかく覚えたことを忘れてしまったり、練習したところが弾けなくなってしまうのは、悲しいですよね。

覚えたことを忘れないためには、あまり日を空けて練習しないことが重要です。
出かける前の30分でもいいので、前の日にやったことを復習しましょう!

原因その3.集中力の低下

私は子供の頃、本を読むと周りの音が聞こえなくなってしまうほどの集中力がありましたが、今ではそんなこともなくなりました(笑)

ピアノもそれと一緒で、昔は新しい曲を用意されると、何の疑いもなくその曲ばかり練習していました。

ところが、大人になると、自分で何でも好きな曲を選ぶことができます。
そのため、

「この曲難しいな・・・別の曲にしようかな・・・」

「新しい楽譜買っちゃった!こっちを先に練習しよう♪」
こんな風に、浮気をし始めます(笑)

あれこれ手を出していると、「1曲全部弾ける曲がない!」ということになりかねません。

最初のうちは「これを弾く!」と決めた曲を、浮気せず最後まで弾いてみましょう!

大人になってからピアノを始めた私の練習風景

上達するのに時間がかかるとはいえ、あきらめるのは早いです!

毎日少しずつ練習すれば、ピアノは確実に上達します。
私が初心者向けの曲を練習した動画があるので、よかったら見てみてください!

<初見の演奏>

↓ ↓ ↓

<3週間後の演奏>

少しずつですが、確実に上達しているのがわかります。

あなたも、こんな風に無理せず楽しくピアノを続けてみて下さい。

日々少しずつ成長していくので、毎日の練習が楽しみになりますよ!

私がピアノを辞めてから再開した経緯について、こちらの記事で詳しく書いています。

よかったら読んでみてくださいね。
↓ ↓ ↓
>>>大人になってからピアノを再開したら、毎日が楽しくなった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です