ピアノの練習曲を覚えるのが難しい!原因とコツをご紹介

 

こんにちは!速水ひかりです。

「ピアノを練習しているけど、曲が覚えられなくてスラスラ弾けない!」

ということはありませんか?

 

記憶力が落ちてるのかも・・・と落ち込むのはまだ早いです!

もしかしたら、練習法があなたに合っていないのかもしれません。

今回は、曲をなかなか覚えられない原因と、対策法についてお話ししていきます!

ピアノで「曲を覚える」ってどういうこと?

原因についてお話しする前に、「曲を覚える」というのがどういう状態か、確認しておきましょう。

「曲を覚える」といっても、手の動きをすっかり丸暗記して、楽譜を見ないで弾く、いわゆる「暗譜」をする必要はありません。

楽譜を見ながらスラスラ弾ける程度に、曲全体の構成が頭に入っていれば、「曲を覚えている」状態といえるでしょう。

楽譜を見ながらとはいえ、手をどうやって動かすかある程度覚えていないと、スラスラ弾くのは難しいものです。

MEMO
「曲を覚える」=曲全体の構成が、頭に入っている状態

曲を覚えられない原因

あなたは、年齢による記憶力の低下が、曲を覚えられない原因だと考えてはいませんか?

確かに記憶力の低下は、原因の1つかもしれません。

しかし、それ以外にも原因はあります。

 

記憶力の低下以外の原因は、以下の2つが考えられます。

  • 演奏したい曲のことをよく知らない
  • 練習法が合っていない
それぞれ、詳しくお話ししていきますね。

もともとその曲のことをよく知らない

まったく聴いたことのない曲をピアノで弾くのと、よく知っている曲をピアノで弾くのは、上達のスピードが大きく変わります。

よく知らない曲をピアノで弾く場合、どんな曲か頭でイメージできるまでに時間がかかるので、「なかなか覚えられない!」と感じてしまうのです。

現在の練習法が合っていない

学生時代の試験勉強を思い出してください。

「誰でも必ず覚えられる暗記法」なんてありませんでしたよね。

それと一緒で、ピアノの練習も、あなたに合った曲の覚え方があるはずです。

曲を覚えるコツ

それでは、どうしたら曲を覚えてスラスラ弾けるようになるのでしょうか。

私が実践しているコツをご紹介します。

コツその①原曲を繰り返し聴く

まずは、弾きたい曲を繰り返しCDなどで聴くのがおすすめです。

曲を耳で覚えてしまえば、その後の練習がぐっとやりやすくなります。

先ほど、もともとその曲をよく知らないことが、曲を覚えられない原因の1つだとお話ししましたよね。

この原因を取り除くことが、曲を覚える近道になります。

弾きたい曲を繰り返し聴くことによって、「よく知らない曲」から「知っている曲」に変えてしまおう!という作戦です。

また、「もともとよく知っているお気に入りの曲を選んで弾く」というのも1つの手ですね。

コツその②「じわじわじっくり」と練習する

これだけ聞いても、何のことだかわかりませんね(笑)

あなたは、新しい曲を弾くときどうやって練習していますか?

「まずは右手で一通り弾いてみて、次は左手」という風に練習していませんか?

私がおすすめするのは、もうちょっと細かく区切って練習する方法です。

実際に私が行っている練習を、ちょこっと紹介しますね。

  • 手順1
     右手だけで最初の4小節をゆっくり弾く
  • 手順2
     右手だけで最初の4小節をちょっと速く弾く
  • 手順3
    左手だけで最初の4小節をゆっくり弾く
  • 手順4
     左手だけで最初の4小節をちょっと速く弾く
  •  両手で最初の4小節をゆっくりと弾く
  • 手順6
     両手で最初の4小節をちょっと速く弾く
  • 手順5
    次の4小節も、手順1~6の方法で練習する 

どうでしょう。

かなり「じっくりじわじわ」ですね。

大人になってからピアノを始めると、「昨日弾けていたフレーズが、次の日まったく弾けない!」という悲劇がしょっちゅう起こります。

切ないですよね・・・。私もよくあります・・・。

悲しいかな、その場かぎりで覚えたことはすぐに忘れてしまいます。

なので、少しずつじっくりと練習して、「長期記憶」になる練習をやっていきましょう。

それでも忘れてしまう場合は・・・

いくらじっくり練習しても、忘れてしまうこともありますよね。

そんなときのために、「思い出すヒント」を未来の自分に残しておきましょう。

「じっくりじわじわ練習」をしている最中、弾きづらいところや、間違えやすいところが出てくるはずです。

未来の自分が同じところでつまずかないように、楽譜に印を付けたり「指使い注意!」など、書き込んでおきましょう。

おわりに

いくらじっくり練習しても、何度曲を聴いても、なかなか覚えられないことがあるかもしれません。

そんなときは、どうか「やっぱりもう年だから・・・」と落ち込まないでください。

毎日を生き生き過ごすために始めたピアノが、あなたを落ち込ませる原因になってしまっては、元も子もありません。

「また忘れちゃったよ!アッハッハ!」と、笑い飛ばすくらいの軽い気持ちで練習してみてくださいね!

>>>「ピアノ上達法」カテゴリーの記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です