女性におすすめ!ピアノ弾き語り曲10選【動画・楽譜紹介つき】

「ピアノ弾き語りがやってみたい!」という女性のあなた!

どんな曲を弾こうか、悩んではいませんか?

 

ピアノ弾き語りをする上で、曲選びはとっても大切!

今回は、私が選んだ「女性が弾き語りするのにおすすめの曲」を全部で10曲、紹介します!

 

日本のポップスから洋楽、アニメソングと幅広く紹介していきますので、あなたが弾いてみたいと思う1曲をぜひ見つけてくださいね。

それではさっそく、まいりましょう~!

女性におすすめ!ピアノ弾き語り曲10選

①『糸/中島みゆき』

1992年にリリースされた、中島みゆきの力強いバラード。

2010年代に多くのイベントやテレビドラマ、CMなどで使用され、さらに知名度が上がっている曲です。

おすすめポイント
  • 知名度が高く、誰の前で弾いても「あ、知ってる!」と思ってもらえる
  • 特に声の低い女性が歌うと、落ち着いた雰囲気で素敵 ♪

>>>『糸』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『糸』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『糸』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『糸』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

②『月光/鬼束ちひろ』


2000年に放送されたテレビ朝日系ドラマ「トリック」の主題歌。

鬼束ちひろさんの代表曲とも言えるバラードです。

おすすめポイント
  • 元々ピアノが主体の伴奏なので、原曲の世界観を再現しやすい
  • 切ないときや気分が落ち込んだ時に弾くと、癒し効果がある

>>>『月光』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『月光』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『月光』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『月光』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

③『赤いスイートピー/松田聖子』

今もなお多くのミュージシャンにカバーされている、松田聖子さんの大ヒットソング。

ユーミンこと松任谷由実さんが作曲を手がけたことでも有名な曲です。

おすすめポイント
  • 温かいメロディーで、聴く人の心を和ませてくれる
  • 大切な人の前で弾いてほしい、まっすぐなラブソング

>>>『赤いスイートピー』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『赤いスイートピー』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『赤いスイートピー』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『赤いスイートピー』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

④『眠れぬ夜は君のせい/MISIA』


フジテレビ系ドラマ「恋愛偏差値」の主題歌。

歌唱力バツグンなMISIAさんならではの、壮大なバラードです。

おすすめポイント
  • 歌の難易度が高く、高音やファルセット(裏声)の練習になる
  • サビの盛り上がりを再現することで、抑揚を付ける練習になる

>>>『眠れぬ夜は君のせい』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『眠れぬ夜は君のせい』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『眠れぬ夜は君のせい』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『眠れぬ夜は君のせい』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

⑤『This Love/アンジェラ・アキ』


アニメ「BLOOD+」のエンディングテーマ、韓国映画「デイジー」の日本版イメージソング。

椅子から身を乗り出してピアノを弾き、熱唱するアンジェラ・アキさんが印象的なラブバラードです。

おすすめポイント
  • 原曲の情熱的な演奏を意識することで、感情のこもった弾き語りができる
  • 序盤は静かに、終盤は盛り上げて、「メリハリ」のある演奏が身に付く

>>>『This Love』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『This Love』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『This Love』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『This Love』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

⑥『M/プリンセスプリンセス』


「プリプリ」というと元気なガールズバンドのイメージがありますが、こちらは別れた恋人への想いを綴ったラブバラード。

携帯電話が普及していなかった1980年代当時ならではの描写が散りばめられた、もどかしくも切ない1曲です。

おすすめポイント
  • イントロのピアノを忠実に弾くと、原曲の世界感を再現できる
  • 忘れられない恋をしている女性が弾くと、ぐっと深みが増す!

>>>『M』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『M』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『M』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『M』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

⑦『丸の内サディスティック/椎名林檎』


シングルリリースされていないにもかかわらず、音楽好きからの知名度が高い曲。

椎名林檎さんのデビュー前からの作曲センスが光る、ジャジーでオシャレな1曲です。

おすすめポイント
  • 複雑な和音や、フラット(♭)・シャープ(#)の多い曲の練習になる
  • 微妙な音程をしっかり取って歌う必要があるので、音程のトレーニングになる

>>>『丸の内サディスティック』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『丸の内サディスティック』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『丸の内サディスティック』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『丸の内サディスティック』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

『You’ve got a friend(君の友達)/キャロル・キング』


ピアノ弾き語りの女王といえば、キャロルキング!

どの曲もピアノのフレーズが素敵なのですが、なかでも「You’ve got friend」は、キャロルキングの入門編としておすすめな1曲。

おすすめポイント
  • ゆっくり弾いても味が出る曲なので、弾き語り初心者さんでも安心!
  • 友人の前で歌ったり、ピアノを囲んでみんなで歌っても楽しい!

>>>『You’ve got a friend』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『You’ve got a friend』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『You’ve got a friend』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『You’ve got a friend』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

⑨『Moon River』


映画「ティファニーで朝食を」の劇中で、主演のオードリーヘップバーンが歌った曲。

日本でも電車の発車メロディーや電話の保留音に使われるなど、非常に馴染み深い曲です。

おすすめポイント
  • 知名度が高く、誰の前で弾いても「あ、知ってる!」と思ってもらえる
  • ゆっくり弾いても味が出る曲なので、弾き語り初心者さんでも安心!

>>>『Moon River』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『Moon River』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『Moon River』のコード譜(データ)をチェックする!
>>>『Moon River』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

⑩『Let It Go ~ありのままで~/松たか子』


ディズニー映画「アナと雪の女王」の劇中歌。

女王・エルサの「自分らしく生きる決意」を歌った、ディズニーソングらしいドラマチックな曲です。

おすすめポイント
  • 女性ならではの力強さを存分に表現できる曲
  • 間奏のピアノソロは難易度高め!完コピを目指してチャレンジする価値あり

>>>『Let It Go ~ありのままで~』の五線譜(書籍)をチェックする!
>>>『Let It Go ~ありのままで~』の五線譜(データ)をチェックする!
>>>『Let It Go ~ありのままで~』の無料コード譜(データ・印刷不可)をチェックする!

※印刷可能なコード譜は、販売しているサイトが見つかりませんでした・・・(泣)

うまく弾けない場合は、ピアノ教室に通うのがおすすめ!

「楽譜で読めないところがあって、調べてもわからない」

「自分の演奏が良いのか悪いのかわからない…」

 

こんな風に市販の楽譜を上手く使いこなせない場合は、思い切ってピアノ教室に通うのがおすすめです。

私も実は、ピアノ教室に通っています!

 

5年間くらい独学で弾き語りを練習していたのですが、「もっともっと幅広い演奏がしてみたい!」と思うようになり、教室に通い始めました。

1人で行き詰まっていたピアノの練習が、プロの先生によってどんどん前に進んでいく感覚は、本当に爽快ですよ~!

通うなら、「ピアノ弾き語りコース」のある教室かおすすめ!

最近では、「ピアノ弾き語りコース」という専門のコースを用意するピアノ教室が増えています。

普通のピアノ教室と「弾き語りコース」の違いは、何と言っても「ピアノだけではなく、歌のレッスンもしてくれるところ」です!

普通のピアノ教室では、「ピアノはバッチリ教えられるけど、歌はダメ…!」というところがほとんど。

素敵なピアノ弾き語りをするには、歌の練習がとっても大切!
教室を探すときは、弾き語り専門のコースがある教室を選びましょう。

ピアノ弾き語りにおすすめの教室2選

それでは実際に、ピアノ弾き語りにおすすめの教室を紹介していきます!

おすすめピアノ教室その①『bee ピアノスクール』

 

引用:https://www.bee-music.jp

 

都心部(新宿・渋谷・池袋・赤羽)を中心に、全7つの校舎を構えるミュージックスクール。

ポップでオシャレな内装や、レッスンを始める前のきめ細やかなカウンセリングなどが評判です。

おすすめポイント
  • 楽譜が読めなくてもOKの、「コード弾き」を教えてくれる弾き語りコースがある
  • スクール主催の発表会あり(なんと、ヘアメイク&写真撮影の専属スタッフがいます!!)
  • 入会を悩んでいる人にも安心の、無料体験レッスン(45分間)

>>>『bee ピアノスクール』の公式サイトはこちら!


おすすめピアノ教室その②『シアーミュージックスクール』

 

引用:http://www.sheer.jp

 

北海道~沖縄まで、全国各地に校舎を構えるミュージックスクール。

選べる多彩なコースや、現役ミュージシャンとして活躍する講師陣が評判です。

おすすめポイント
  • 複数のコースを受講することが可能(ピアノ、ボーカル、ベース、ドラム・・・などなど)
  • 空き時間に、無料で練習ブースが使い放題!
  • 入会を悩んでいる人にも安心の、無料体験レッスンあり(30分間)

>>>『シアーミュージックスクール』の公式サイトはこちら!

まとめ

  1. 『糸』/中島みゆき
  2. 『月光』/鬼束ちひろ
  3. 『赤いスイートピー』/松田聖子
  4. 『眠れぬ夜は君のせい』/MISIA
  5. 『This Love』/アンジェラ・アキ
  6. 『M』/プリンセスプリンセス
  7. 『丸ノ内サディスティック』/椎名林檎
  8. 『You’ve got a friend(君の友達)』/キャロル・キング
  9. 『Moon River』
  10. 『Let It Go ~ありのままで~』/松たか子

以上の10曲が、女性におすすめのピアノ弾き語り曲でした!

 

もし複数の曲で迷っているのであれば、難易度や弾きやすさではなく、「自分の1番好きな曲」を選んで弾くのがおすすめです。

「この曲が好き!」と思う気持ちは、練習のやる気を維持するのにとっても役立ちます。

 

あなたの1番お気に入りの曲を選んで、ぜひ弾き語りにチャレンジしてくださいね!

あなたの弾き語りライフを応援しています!


< 「弾き語りおすすめ曲シリーズ」その他の記事 >

男性におすすめ!ピアノ弾き語り曲10選【動画・楽譜紹介つき】 ピアノ弾き語りにおすすめのアニメソング(アニソン)10選【動画・楽譜紹介つき】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です