ピアノ買ったらここに置いて!ピアノを置くのにベストな場所とその理由

こんにちは!速水ひかりです。

これからピアノを買おうとしているあなた!

ピアノを買ったら、ぜひとも こだわってほしいことがあります。

 

それは、ピアノの置き場所です!

 

場所を取るから、とりあえず空いているスペースに・・・と考えず、ベストな場所に置いていただきたいです。

今回は、ピアノを置くのにベストな場所とその理由についてお話しします。

ピアノを置くのにベストな場所とは?


ピアノを置くのにベストな場所は、以下の2つの条件を満たしている場所です。

  1. 直射日光の当たらない風通しの良い場所
  2. 部屋と部屋を仕切る壁沿い(アップライトピアノの場合)

具体的にどんな場所なのか、今から説明していきますね。

①直射日光の当たらない風通しの良い場所

ピアノには木や金属、フェルトなどが使われています。

これらの素材は、急激な温度や湿度の変化に弱いです。

 

直射日光が当たる場所は温度変化が激しく、風通しの悪い場所は湿気がこもりやすいです。

なので、これらを避けた場所にピアノを置きましょう。

具体的には、以下のような工夫をするといいです。

  • 窓際には置かない(置く場合は、窓に遮光カーテンを付ける)
  • 他の家具を置かずに、周囲にスペースを空けておく
  • 冷房、暖房器具の近くに置かない

②部屋と部屋を仕切る壁沿い(アップライトピアノの場合)

上の写真のようなアップライトピアノは、壁際に置くとお部屋がスッキリするので、グランドピアノよりも場所を取らないことが人気です。

ここで注意してほしいのが、アップライトピアノを「どこの壁際に置くか」ということです。

 

アップライトピアノは、ピアノの背面から音が出ます。

つまり、ピアノの背面を壁に沿って置くと、壁の向こうの部屋に音が響きます。

 

集合住宅の場合、壁の向うがお隣さん、ということもありますよね。

戸建ての場合も、壁の向うが外では、外に音が丸聞こえになってしまいます。

 

ご近所トラブルになりかねないので、自分の居住スペースを仕切る壁沿いに置きましょう。

 

日本を代表するピアノメーカー「カワイ」の公式サイトでは、ピアノを置くのに適している場所について、わかりやすく紹介しています。

引用:https://www.kawai.jp

ピアノの背面を壁から少し離しておくと、じかに音が響かなくていいようです。

 

画像の中にある「インシュレーター」とは、ピアノの足に付けるゴム製の部品のことで、これを付けることによって、下の階音が響きにくくなります。

こういうのです

↓ ↓ ↓

引用:https://www.kawai.jp

壁の向うが押し入れなどの収納スペースなら、自分の居住スペース内でも音が響きにくくてよさそうですね!

おわりに

ピアノを置く場所を選ぶときに、気にするポイントは2つあります。

ピアノを置くのにベストな場所

・ピアノにとっていい場所

・ご近所さんにとっていい場所

 

楽器のために、そして他の人のためにとってベストなポジションを選ぶことで、快適なピアノライフを送ることができます。

ピアノを買う前にベストな場所を探して、今のうちからスペースを確保しておくましょう!


こちらも、ピアノを買う前に読んでおきたい記事です。

↓ ↓ ↓

ピアノの搬入ってどうするの?方法や料金をわかりやすく解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です