ピアノ始めるのはもう遅い?年齢を気にしているあなたへ

こんにちは!速水ひかりです。

大人になってからピアノを始めようと思っているあなた。

こんな疑問や不安はありませんか?

 
「もう遅いんじゃないか?」

「何歳までなら始めても大丈夫?」

 
そんな不安を持つあなたへ、ぜひとも知っておいてほしいことがあります。

それは、「ピアノは何歳からだって始められるし、やりたい!と思った年齢が適齢期」ということです!

 
しかし、そうは言ってもなかなか踏み出せないものですよね。

それでは、なぜ私が「何歳からでも始められる」と思うのか、お話ししていきます。

ピアノを始める年齢に限界がない理由

ピアノを始めることと、あなたの年齢は、何の関係もありません。

なぜなら、ピアノを弾くのに1番大切なのは、楽しむことだからです。

ピアノを楽しむことと歳を重ねることは、別問題ですよね。
あなたがピアノを弾くのに、年齢を気にする理由は何でしょうか。

 
指がうまく動かないかもしれないから?
上手に弾けないかもしれないから?
 

集中力がなくなってきて、続けられないかもしれないから?

ちょっと考えてみてください。
 

考え中・・・

 

考え中・・・

 

考え中・・・

理由が見つかりましたか?

では、あなたは何のためにピアノを弾きたいのでしょうか。

指を動かすためでも、上手に弾くためでも、集中力を高めるためでもないはずです。

きっと、「人生を楽しむため」ではないでしょうか。

人生を楽しむのに、年齢制限はありませんよね。

私が「ピアノを始めるのに年齢は関係ない」と思うのは、このためです。

ピアノを弾くときに重要なのは、「いかに楽しむか」

あなたがピアノを始めたら、「いかに上手に弾けるようになるか」ではなく、「いかに楽しむか」を重視していただきたいです。

 
もちろん、せっかくピアノを始めるのなら、誰でも上手に弾けるようになりたいと思います。

しかし、「上手に弾きたい気持ち」が、「楽しく弾きたい」気持ちを上回ると、息苦しくなってしまいます。

人生を楽しむためにピアノを始めたはずなのに、上手に弾けないと嘆くのはとても もったいないです。

どうか肩の力を抜いて、「上手く弾けたらラッキー」くらいの軽い気持ちで始めてみてください。

楽しむコツ①自分がワクワクできるような目標を立てる

ピアノを楽しく弾くコツはたくさんあります。

まずは、目標を立ててみるのがおすすめです。

「『エリーゼのために』を1回も間違えずに弾く!」という目標を立ててもいいですが、なんだかつまらないですよね。

そこで、あなたオリジナルのお楽しみ要素を付け加えてみてください。
例を挙げてみますね。

 
もし、『エリーゼのために』を弾けるようになったら・・・

・ビデオで録画して、離れて住む子供や孫に見てもらう!

・友人を家に招き、お茶の支度もしてミニコンサートを開く!

・知り合いに「ピアノが弾けるようになった!」と自慢する!

 
先に挙げた目標よりも、考えただけで楽しくなってきませんか?

こんな風に、自分でワクワクするような目標を立ててみましょう。

楽しむコツ②練習方法を自分で考案してみる

自分がワクワクできるような目標を立てたら、練習方法も自分で考えてみましょう!

もちろん基礎を学ぶのは自力だと難しいので、教本や教室の先生に教えてもらいましょう。

ある程度基礎を学んだら、毎日の練習に自分なりの工夫を加えるのです。

子供の頃、自分たちでルールを作って遊んでいたのと同じ感覚ですね。

いくつか例を挙げてみます。

・鍵盤の位置がなかなか覚えられない!
⇒「ド・レ・ミ」と書いたシールを鍵盤に貼る
⇒ピアノに座って目を閉じ、パッと開いて「ド」の鍵盤を素早く探す、というゲームをする
 
・小指と薬指だけ上手く動かせない
⇒全ての鍵盤を小指と薬指だけで弾いて、「指のトレーニング」をする
⇒ピアノを弾く前に、指のストレッチをする
 
どんなものでもかまいません。

大切なのは、「自分でアイディアを出してみる」ということです。

せっかくピアノを始めるのですから、積極的に楽しんでみましょう。

おわりに

なんだか色々えらそうに語ってしまいました・・・(汗)

ピアノを始めるのに年齢が関係ないということを、わかっていただけましたでしょうか。

私はあまりピアノが上手ではありませんが、楽しむ気持ちは誰にも負けません!

あなたも、年齢を気にせず、誰よりも楽しんでピアノを弾いてくださいね。

よかったら、こちらの記事も読んでください!

↓ ↓ ↓

【体験談】恥を捨ててピアノを始めたら、毎日が楽しくなった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です