「ピアノなんて弾けない!」と思ってるあなたへアドバイス

こんにちは!速水ひかりです。

「音楽が好き!でも楽器を弾くのは無理・・・」

「ピアノは弾いたことがないけど、多分自分には向いてない・・・」

なんて思っているあなた!

それ、とってももったいない思い込みかもしれません!

よく「ピアノを弾くなんて私は無理だから~」なんて言葉を耳にしますが、ピアノは「弾く意思」さえあれば、誰でも必ず弾けるものだと私は考えています。

今回は、ピアノが誰でも弾ける理由についてお話しします。

ピアノが弾けない人はいない!その理由

「誰でも必ず弾ける!」と私が声を大にして言うのには、3つの理由があります。

理由1.楽譜が読めなくてもピアノは弾けるから

「ピアノなんて無理!」と思ってしまう人のなかには、「あんな楽譜読めない!」と感じている人が多いようです。

ピアノを弾くには、あの複雑怪奇な楽譜を読めるようにならないといけない・・・

そこでもうウンザリしてしまうんですよね。

むずかしい楽譜

確かにこうして見てみると、

何かの暗号?

わざとわかりにくく書いてない?

と、怒りさえわいてきますね(笑)

しかし、楽譜を読めなくても、ピアノは弾けます。

確かに楽譜は読めた方が便利ですし、演奏の幅も広がりますが、避けて通ろうと思えば通れます。

(音の名前と鍵盤の位置は覚える必要がありますが・・・)

現に私は、長年楽譜が読めない状態でピアノを弾いていました。

適当に鍵盤を押しながら、紙に「ドレミ」を書いて、楽譜替わりのようなものを作って遊んでいました(笑)

今では楽譜なしの演奏に物足りなさを感じて、楽譜を読めるよう勉強しましたが、楽譜なしでも結構楽しめました。

もしあなたが楽譜の勉強に抵抗を感じているのであれば、まずは楽譜を気にせずに、遊び感覚で鍵盤に触ってみてはいかがでしょうか。

理由2.「どんな曲でも自由自在に弾ける人」になる必要はないから

あなたは「ピアノが弾ける人」をイメージするとき、人間離れしたテクニックで演奏する人を思い描いていませんか?

<ピアニスト、上原ひろみさんの神業パフォーマンス>

確かに、上の動画のような演奏ができるようになるには、血のにじむような努力が必要です。

どんなに努力しても、この域に到達できない人もたくさんいるでしょう。

私にはきっと無理です(笑)

人並外れた演奏ができなくても、音大を出ていなくても、「ピアノが弾ける人」を名乗ったっていいはずですよね。

私は、鍵盤に触る楽しさを知っている人はみな「ピアノが弾ける人」だと考えています。


金管楽器などのように音を出すだけでも一苦労、という楽器もありますが、ピアノは鍵盤をポーンと押すだけで、誰でも美しい音を奏でられます。

動かない指

こんなに手軽な楽器を、「難しい!無理!」と遠ざけてしまうのは、あまりにももったいないと思いませんか?

理由3.ピアノは、やる気に見合った技術が身に付くものだから

同じ練習をしても上達のペースに個人差はありますが、基本的には練習量が物を言う楽器です。

つまり、よっぽど意味のない練習をしていなければ、練習すればするだけ上達するのです。

スポーツや絵を描くことなんかと同じですね。

「そこまで本気でやるつもりはないから、両手で簡単なものを弾けるようになりたいな~」など、背伸びしない目標を作れば、きっと達成できるはずです。

おわりに

プロのピアニストの演奏を見てしまうと、「やりたいけど、あんな演奏とてもできないしな~」と尻込みしてしまうことがあります。

私はまさにそうでした(笑)

上手い人の演奏を知っている分、無邪気に「やってみたーい!」となかなか言えないんですよね。

しかし、趣味のピアノに上手い下手は関係ありません。

もしあなたが誰かの演奏に憧れて「ピアノを始めたい!」と思ったら、その方もピアニスト冥利に尽きるはずです。

あまり難しく考えずに、気軽に始めてみてくださいね。


次の記事では、私がピアノを弾けるようになってからの日々を、「体験談」という形でお話ししています。

よろしかったら、読んでみてくださいね♪
↓ ↓ ↓
恥を捨ててピアノを始めたら、毎日が楽しくなったお話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です