ピアノの調律について詳しく知りたい!仕組み・料金・頻度などを解説

こんにちは!速水ひかりです。

「ピアノを買いたいけど、維持するのが大変なんじゃないか・・・」

そんな風に思っているあなた!

アップライトやグランドピアノの場合、「調律」というメンテナンスが定期的に必要です。

ピアノ本来の美しい音を維持するのためには、避けて通れない道です。

「調律」とはどんなものか、料金はどのくらいかかるのか、これからピアノを購入するあなたにとって、わからないことだらけですよね。

そこで今回は、「調律」の仕組みや やり方などを、初心者さん向けに わかりやすく解説していきます!

調律ってどんなもの?

調律とは、時が経つにつれて生じてくるピアノの「ガタ」を、正しく調整しなおす作業のことです。

人間でいうところの、健康診断のようなものでしょうか。

調律には、大きく分けて3つの作業があります。

・調律

⇒音程の狂いを正して、ピアノ本来の美しい音に戻す

・整調

⇒鍵盤のタッチを整えて、なめらかな弾き心地にする

・整音

⇒音色や音量を整えて、好みの音にする(やわらかい音、引き締まった音など)

ピアノを買った当初の状態に近づけるこれらの作業を、まとめて「調律」と呼びます。

調律をしないとどうなるの?

調律を長年していないと、音程が狂ったり、鍵盤の弾き心地が悪くなったりします。

あなたはピアノの内部を見たことがありますか?

ピアノには弦が張ってあり、この弦が時間と共にゆるんでくるのです。

弦が緩むと音が低くなり、音程の狂いが生じる、という仕組みです。

他にも、室温の変化で金属がゆがんでしまったり、消耗品のフェルトが劣化してしまったり・・・などなど、時間と共に変化してしまう部品がたくさんあります。

ピアノをずっと同じ状態で弾き続けたいのなら、そのままにしていてはいけない、ということですね。

どうやって調律をすればいいの?

調律は、「調律士」と呼ばれる専門家に依頼してやってもらうのが一般的です。

調律士は、大手ピアノメーカーや楽器販売店に所属している人や、個人でやっている人もいます。

最近では、エリア検索して調律士を探すサイトがあるので、探すのに苦労することはなさそうですね。

引用:http://www.piano-t.net/

「ピアノ調律.net」⇒公式サイトはこちら

調律はどのくらいの頻度でやればいいの?

年に数回、最低でも年に1回と言われています。

私の祖母の家のグランドピアノも、年に1回は調律士の方にお願いしてやってもらってます。

たくさん弾いているピアノほど消耗品の劣化は早いですが、まったく弾いていなくても音程は狂うので、「長年調律をしなくても問題ない」というピアノはないようです。

調律の料金はどのくらいかかるの?

毎年のこととなると、お値段が気になりますよね。

調律の料金は、アップライトピアノだと12,000円前後、グランドピアノだと 15,000円前後が相場だと言われています。

大手ピアノメーカーの「ヤマハ」の場合、調律の料金は以下の通りです。

アップライトピアノ:15,000円

グランドピアノ:18,500円

相場よりちょっとお高めですね。

一般的には、

大手ピアノメーカー>楽器店販売店>個人

の順に料金が高くなると言われています。

他にも、長年調律をしていないピアノの場合、「1年ごとに1割増し」など、追加料金がかかる場合が多いです。

まとめ

これまでの内容を簡単にまとめました。

・ピアノの音程などの狂いを調節する作業を「調律」と呼ぶ

・調律をしないと、音程が狂ったり鍵盤の弾き心地が悪くなったりする

・調律は、「調律士」に依頼してやってもらう

・頻度は最低でも年に1回

・料金はアップライトで12,000円前後、グランドピアノで15,000円前後が一般的

大切な楽器だからこそ、お手入れをして良い状態を保ちたいものですね。

この情報があなたの参考になれば、幸いです。

こちらの記事も、よかったら読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓

>>>気になるピアノの騒音対策!防音の方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です